ウソつきグリーンウォッシュ企業の増加問題

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「グリーンウォッシュ」をテーマにお届けします。

グリーンウォッシュとは、SDGsや環境意識の高まりを利用して実際はエコでは無いのにエコ商品や環境に優しい的な偽りでマーケティングをする企業活動です。

「環境に優しいリサイクル素材を使っている商品」

上記のような事を大きく書いていますが、実際にリサイクルしているエコな部分は、その商品を作る工程の1%だけ。

99%は環境に悪い。

そんなイメージです。

私のような意識高い層をターゲットに騙し通常価格よりも高い値段で販売しています。

悔しい・・・

本日の無料版メルマガでは、世の中には、グリーンウォッシュのようにウソをつく会社が存在する事実をお伝えします。

有料メルマガ「サヤトレ通信プレミアム」ではそのようなウソつき企業の見分け方の特徴をお届けします。

過去にメルマガでもお届けしていますが今、世の中の流れとしてエコ、環境配慮に企業が取り組む流れは必須になりつつあります。

その1社は、メチャクチャ儲かるけれど大気を汚したり、川や海に汚染するようなやり方をしている会社を許してはいけません。

【参考記事】

SDGsや環境問題への関心の高まりで環境に配慮した商品を選ぶ消費者は増えています。

ここで大きなポイントになるのが現実問題としてSDGsに配慮した製品やサービスの価格は、通常よりも値段が高くなるという点です。

この価格が高くなる点を上手く利用して実際はエコでは無いのにエコっぽく見せる事で消費者に高い値段で販売する企業が多くなっています。

SDGsが正しく世の中に浸透していない過渡期なのでグリーンウォッシュは、まだまだ増えていく事でしょう。

この問題の解決策としては・・・

私達、消費者が賢くなるしかない。

私はそう考えています。

■マイナスイオンが出て気持ち良い

■パワーストーンや占いと信じてしまう

■大安の日に宝くじ売り場に行列が出来る

上記のような人がいなくならない限りグリーンウォッシュは、無くなりません。

私達が知っておくべき事として企業は利益のために見た目良くしてウソをつく事があるという事実です。

全部を疑うとキリが無く疲れてしまいますがエコを全面に押し出して、高い値段で販売しているけれど実際は、全くエコではないボッタくり商品が存在する。

これからますます増加していくので消費者の立場や投資家の立場としても知っておくと良いでしょう。

エコを謡って値段が高い商品を見つけた時には

「本当にエコなのか?」

一度、考えるようにしてみてください。

有料メルマガ「サヤトレ通信プレミアム」では、意識高い系ながら科学&経済&人狼(ウソつき探し)が大好きな私なりのグリーンウォッシュの見つけ方をお届けします。

■有料版メルマガ サヤトレ通信プレミアム
⇒ https://investars.jp/member/form-mail.php

関連記事

  1. 会社に雇われるリスク

  2. 株式を分け与えて仲間を作る重要性

  3. 東芝が倒産する確率は?

  4. お金を儲ける事は、悪!

  5. 投資初心者への最速アドバイス ステップ3 損失に慣れよう

  6. システムトレードと自動売買の違い

  7. コロナショックで大損する投資家の3つの共通点

  8. 7歳がYoutubeで25億円稼ぐ時代

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP