投資家(お金持ち)がお金を使う=社会貢献

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「お金を使う=社会貢献」をテーマにお届けします。

お金を使う=社会貢献

このタイトルの公式が出て来た時に
本日これから書く内容が分かる方。

よく分からない方に分かれます。

今から何が書かれるか?

一度想定してみてからお読みください。

それではスタートです。

結論のお金を使う行為は、社会貢献である。

この経済の原理原則を知らない日本人はとても多いです。

日本では、お金の教育の機会が無く
マネーリテラシーが低い人が多い結果、
お金を使う行為を悪と認識している人が多くいます。

しかしそれは間違いです。

お金を使う事は、立派な社会貢献であり
日本全体をよくする素晴らしい活動です。

理由は複数ありますが本日は
一番大きな理由を1つ説明します。

お金を使う事が社会貢献である理由!

「決済手数料を支払っている」

皆様がどこかで何か買い物をした際に
かならず決済手数料を8〜10%支払っています。

100円の商品を買う際に110円支払う。

本体価格+8〜10%の手数料

この決済手数料は、消費税という「税金」です。

何かでお金を支払った際に手数料として
国に徴収されて日本社会のために使われる仕組みです。

日本の税収において、法人税や所得税は、
その年によって大きくブレが生じます。

しかし消費税は、安定した国の税収であり
国の財源として頼み綱になっているのです。

年間に300万円消費する人は、
30万円の消費税を払い、そのお金は、
国によって社会のために使われています。

年間に1000万円消費する人は、100万円。

1億や10億円使うお金持ちも
全員が消費税という決済手数料を払って
日本社会のために税金として納めています。

つまり沢山お金を使うお金持ちいた場合
その人を妬んだり、嫌うのではなく
「消費税あざーす!」と感謝するのが正解です。

お金を使う=消費税を払う

その税金は、社会のために使われるので
お金を使う事は、社会貢献になるのです。

今、日本全体はあまり景気が良くありません。

多くの人が不安で消費をしないのです。

お金を使いたくても、お金が無くて使えない人もいます。

しかし私達投資家の中には、この1年間で
投資で儲けた方が沢山いるかと思います。

自由に使えるお金を持っている方も多いでしょう。

持っている人がお金を使わずして
誰がお金を使うのでしょうか?

私は過去に銀行に大金を預金して
ヒザ痛めて全く使わない高齢者を見てきました。

沢山お金持っていても意味ありません。

お金は、使ったり、投資したり、
右から左に動かして意味を成します。

投資で成功したお金持ちが車や家を買う。

あまり良い印象を受けない人がいるかもしれませんが
お金持ちがお金を使ってくれる事は、社会にとって
とても良い経済効果になり、社会貢献なのです。

お金を使う=社会貢献

こう考えると日々の買い物も気持ち良くなります。

皆様は、お金を使うという社会貢献という
考え方についてどうお考えでしょうか?

ぜひ一度考えてみてください。

投資で損しているあなた!株価が下がっても儲かる投資法ご存じですか?

当メディア「サヤトレ通信」では、投資初心者の方にも分かりやすくサヤ取り投資や金融経済などお金に関する情報を発信しています。

元・証券会社 → 現・IT企業経営&投資家が運営しているメディアです。

投資で損をしている方は、株価が下がっても儲かる投資法「サヤ取り投資」をお試しください。

まずは、こちらのサヤ取り投資入門レポートをご覧ください!

【初心者向け】サヤ取り投資入門レポート!サヤ取りの説明から取引実践まで

関連記事

  1. アナログからデジタルの時代へ(金融機関の本人確認)

  2. 人手不足の本当の理由は、安い賃金で働いてくれる日本人不足

  3. ウソつきグリーンウォッシュ企業の増加問題

  4. 最短でお金を稼ぐ能力を身につける方法

  5. お金の知識を知らない親から子への継承

  6. 個人投資家向け「税金」レポート(2020年度版)

  7. ブロックチェーン業界の覇権争い

  8. 投資結果を振り返る重要性

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
PAGE TOP