投資家(お金持ち)がお金を使う=社会貢献

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「お金を使う=社会貢献」をテーマにお届けします。

お金を使う=社会貢献

このタイトルの公式が出て来た時に
本日これから書く内容が分かる方。

よく分からない方に分かれます。

今から何が書かれるか?

一度想定してみてからお読みください。

それではスタートです。

結論のお金を使う行為は、社会貢献である。

この経済の原理原則を知らない日本人はとても多いです。

日本では、お金の教育の機会が無く
マネーリテラシーが低い人が多い結果、
お金を使う行為を悪と認識している人が多くいます。

しかしそれは間違いです。

お金を使う事は、立派な社会貢献であり
日本全体をよくする素晴らしい活動です。

理由は複数ありますが本日は
一番大きな理由を1つ説明します。

お金を使う事が社会貢献である理由!

「決済手数料を支払っている」

皆様がどこかで何か買い物をした際に
かならず決済手数料を8〜10%支払っています。

100円の商品を買う際に110円支払う。

本体価格+8〜10%の手数料

この決済手数料は、消費税という「税金」です。

何かでお金を支払った際に手数料として
国に徴収されて日本社会のために使われる仕組みです。

日本の税収において、法人税や所得税は、
その年によって大きくブレが生じます。

しかし消費税は、安定した国の税収であり
国の財源として頼み綱になっているのです。

年間に300万円消費する人は、
30万円の消費税を払い、そのお金は、
国によって社会のために使われています。

年間に1000万円消費する人は、100万円。

1億や10億円使うお金持ちも
全員が消費税という決済手数料を払って
日本社会のために税金として納めています。

つまり沢山お金を使うお金持ちいた場合
その人を妬んだり、嫌うのではなく
「消費税あざーす!」と感謝するのが正解です。

お金を使う=消費税を払う

その税金は、社会のために使われるので
お金を使う事は、社会貢献になるのです。

今、日本全体はあまり景気が良くありません。

多くの人が不安で消費をしないのです。

お金を使いたくても、お金が無くて使えない人もいます。

しかし私達投資家の中には、この1年間で
投資で儲けた方が沢山いるかと思います。

自由に使えるお金を持っている方も多いでしょう。

持っている人がお金を使わずして
誰がお金を使うのでしょうか?

私は過去に銀行に大金を預金して
ヒザ痛めて全く使わない高齢者を見てきました。

沢山お金持っていても意味ありません。

お金は、使ったり、投資したり、
右から左に動かして意味を成します。

投資で成功したお金持ちが車や家を買う。

あまり良い印象を受けない人がいるかもしれませんが
お金持ちがお金を使ってくれる事は、社会にとって
とても良い経済効果になり、社会貢献なのです。

お金を使う=社会貢献

こう考えると日々の買い物も気持ち良くなります。

皆様は、お金を使うという社会貢献という
考え方についてどうお考えでしょうか?

ぜひ一度考えてみてください。

関連記事

  1. 日本経済は、失われた40年目に突入!

  2. マネックス証券サヤ取り投資オンラインセミナー終了

  3. 株主優待を購入する際の注意点

  4. 証券口座とCFD口座のおすすめの使い分け

  5. 正しい情報アップデートの重要性

  6. マイナンバーを証券会社に提出しないとどうなる?

  7. 個人投資家交流会のご報告

  8. FIREを目指す人へのアドバイス

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP