NT倍率は、戻るのか?

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「NT倍率」をテーマにお届けします。

サヤ取り投資で最も有名な組み合わせペアが
日経平均(N)とTOPIX(T)の株価指数です。

上記の株価指数のサヤチャートは
一般的にNT倍率と呼ばれています。

■NT倍率チャート(日経平均とTOPIXのサヤチャート)
⇒ https://investars.jp/multichart.php?q=1101:1102&term=1

先日、証券会社に勤めている方から
現在のNT倍率に関する意見を求められました。

サヤトレのNT倍率のサヤチャートを
見ていただく分かる通り、ここ数ヶ月
継続してNT倍率は下落しています。

過去にもお伝えしておりますが
NT倍率を使ったサヤ取りは動きが
中々読みにくく私個人的には苦手です。

【参考記事】

テクニカル的見ると今のNT倍率は
底値圏に近い水準まできていると思います。

高機能版サヤトレ会員でない方は
長期のNT倍率のサヤチャートが見られないので
下記に5年分のサヤチャート画像を張ります。

■5年分のNT倍率のサヤチャート

上記のチャートを見る限り2015年10月近辺に
同じ水準までNT倍率が下落してその後に戻しています。

そこが一つの切り返しラインとしての目安です。

その値を直近の2017年8月29日に
NT倍率は12.11を一時的に下回り
少し切り替えした位置が現在のタイミングです。

ポイントとしては2017年8月29日を
底にするのかどうかがポイントになります。

また過去のNTの値動きの傾向を見ても
トレンドが4ヶ月以上継続して一方向に
推移する事は、これまであまりありません。

短期的には上がったり下がったりの
往来を繰り返しながら長期的にみると
N(日経平均)の方が強いのがNT倍率の特徴です。

9月のSQが終わった明日以降
本格的に切り返す可能性はあるでしょう。

平均回帰を狙っている場合の損切りラインは
8月29日12.11を目安にするといいかもしれません。

そのラインを下回ったとしたら
もうどこまで行くかは分からないです。

NT倍率を使ったサヤ取り投資をしている方の中には
開き過ぎたサヤは、いつか必ず戻るという理論を
持っている方がかなり多くいるように感じます。

昔の何かの投資の本か教科書に
載っていたのだと思いますが
間違いなのでご注意ください。

開き過ぎたサヤが必ず戻る保証なんてありません。

ずっと開き続ける可能性もあります。

全ては確率の問題です。

NT倍率は、いつか戻るという理論を信じてしまい
先物で大きなレバレッジを利かせた状態で
股裂きに合い大損する可能性も十分にあります。

損切りは必要なのでくれぐれもご注意ください。

最終的な判断は、サヤ取り投資家ご自身になりますが
多くの方が今のNT倍率の水準に関しては気になっていると思い
書かせていただきました。

サヤ取り投資の考え方のヒントになれば幸いです。


メールアドレス

関連記事

  1. フラッシュクラッシュとは

  2. 個人投資家がリスクヘッジする方法

  3. 現役世代とリタイア世代のお金と資産運用について

  4. 1株単位銘柄に投資する注意点

  5. 両建て売買の基本は投資金額を同じにすること

  6. スカイマーク上場廃止のよくある疑問

  7. 株主優待を購入する際の注意点

  8. 逆日歩を回避する3つの方法

  9. 日経ヴェリタスにサヤトレが取材掲載

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP