サヤトレの統計値の公式

株式会社サヤトレの増田圭祐です。

ITスキル高いお客様から
時よりサヤトレ内部で計算している
統計値の計算公式を教えて欲しいというご要望をいただきます。

Excelの関数が使える場合は、
複雑な統計の計算も比較的簡単に出来ます。

お客様がご自身で計算する手間を無くす目的として
サヤトレを開発したのですが勉強熱心な方のため
本日は、Excelの関数を使った統計について書きます。

無料で使えるサヤトレには搭載されておりませんが
高機能版サヤトレにはサヤ場帳という
2銘柄の過去のサヤの推移をデータ化する機能があります。

三菱UFJと三井住友の2銘柄の
サヤ場帳は、次のようなイメージです。

■高機能版サヤトレのサヤ場帳のサンプル
https://investars.jp/about/statistical.xlsx

既に計算された結果の値しか表示されておりませんが
サヤ取り投資で使う2つの統計値の関数を使い
分かりやすく色を変えてデータを追加しました。

【使用した関数】
平均値=AVERAGE
相関係数=CORREL
標準偏差=STDEVP

■関数を組み込んだExcelデータ
https://investars.jp/about/statistical1.xlsx

上記のExcelの関数の仕組み分かりますでしょうか?

分かったら凄いです。

値が正確になるために四捨五入していない
数値で計算をして最後の答えのみ四捨五入表示しております。

サヤトレの場帳は、完璧に数値あっていますよね!

この作業を毎日1,000,000通りのペアを
手動で計算行う事は、時間的に不可能です。

Excelを使い手間と時間をかければ
24時間で1,000,000通り出来るかもしれません。

しかし翌日になったら株価が変動するので
答えは変わってしまいます。

そしてこの計算を行った所で
別に投資で利益になる訳ではありません。

断言しますがこんな複雑な計算方法を投資家は
覚える必要も計算できる必要も全くありません!

重要なのは、ただ一つ!

サヤトレによって自動計算してくれた結果に対して
今後をサヤの推移を予測する能力です。

そこに特化すれば何とかなると思います。

先日、投資で勝つためには
ROAやPBRのような指標も
計算式を覚える必要はないとお伝えしました。

【関連記事】

その数値が持つ意味を正しく理解する方が大切です。

複雑な計算などは全て
パソコンがミスなく行ってくれます。

人間はそのデータから導き出される
将来の予測を読み解く事に専念してください。

※注意※
Excelの使い方、関数、マクロ及び
パソコンの使い方についてのご質問はご遠慮くださいませ。


メールアドレス

関連記事

  1. FXロングショート(サヤトレLS)のお勧め組み合わせ

  2. サヤトレ通信プレミアムのお知らせ

  3. サヤトレの新機能紹介「オートレ発注」

  4. サヤ取り投資ツールサヤトレ「ポジション管理表」バージョンアップ

  5. ロングショート戦略特集

  6. ロングショートシストレ公開検証スタート

  7. TOPIX-17シリーズの比較が出来るサヤトレLS

  8. 安定的に儲かったロングショートの組み合わせ

  9. サヤトレバージョンアップ情報 サヤ差表示追加

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP