証券口座とCFD口座のおすすめの使い分け

株式会社サヤトレの増田です。

本日は、サヤ取り投資を行う際の
「証券口座」と「CFD口座」の使い分けについて書きます。

個人によって運用している金融商品や
投資金額によって多少状況は異なりますが
一般的に一番お勧めの方法を解説します。

株式投資はFXと違い、ある程度
まとまったお金がないと投資出来ません。

運用資金が100万円では
購入できない株は多くあります。

例えば、先日ご紹介したキーエンス(6861)100株

最低単元価格は572万円です。

【参考記事】

その他にも・・・

(9983)ファーストリテイリング=440万円(100株)

(8830)住友不動産=400万円(1000株)

(8801)三井不動産=310万円(1000株)

などなど、上記のような銘柄は、サヤ取りの場合、
その購入金額と同額の空売りをする必要があります。

よほどのお金持ちでない限り、あっと言う間に
資金は尽きてしまい、ポジションが持てなくなるでしょう。

まとまった運用資金が必要なことは
サヤ取り投資のデメリットの一つです。

実際の運用では、資金1000万円以上ないと
証券口座だけでのサヤ取り投資は難しくなるでしょう。

そんな資金不足を解消してくれるのが「CFD」です。

CFDでは、個別株が1株単位から購入できます。
(1株からの空売りも可能です。)

通常、572万円ないと投資出来ないキーエンスに
CFDであれば1株5万7200円で投資が可能です。

実際の投資ではレバレッジが5倍まで効きますので
5万7200円以下でも投資する事が出来ます。

日本株の個別銘柄にCFD対応している
一番お勧めの会社は『IG証券』です。

サヤ取り投資をするならば
IG証券の口座を保有しておく事をお勧めします。

通常の証券会社&IG証券(CFD)が揃ったら
2社の口座を上手く使い分けてサヤ取り投資を行います。

第一に優先していただきたいのは
出来るかぎり証券口座での売買を心がける事
です。

その最大の理由は、売買手数料の違いです。

CFDは、1株単位でレバレッジが5倍と便利ですが
証券口座よりも売買手数料が割高となります。

よって、コストを少しでも抑えるため、
証券口座を優先して、最低購入金額を少なく
両建てを行うべきです。

そして、キーエンスやファーストリテイリング
(ファストリ)のように、最低購入金額が
大きくなる銘柄の場合には、CFDを活用して
投資するようにしてください。

サヤ取り投資の場合は、必ずしも投資するペアを
どちらかの口座へ1つにまとめる必要はありません。

本日実際に株式サヤ取り売買シグナルにて
+6.94%で利益確定したペアを例にしてみます。

■証券口座:(5108)ブリヂストン100株 売り

■CFD口座:(9983)ファストリ  10株 買い

https://investars.jp/multichart.php?q=5108:9983&term=1

上記のように買いと売りで
保有する口座を分けても大丈夫です。

合計の損益計算は手動になりますが
会社が分かれても両建てに影響はありません。

つまり、小額でも投資出来る銘柄は証券口座で仕掛け、
最低購入金額が多額の銘柄をIG証券のCFDで取引します。

このようにする事で、年間通してCFDだけで運用した場合と
手数料に大きな違いが発生します。

投資の売買手数料は、売買金額が少なければ
少ないほど損をします。
(多ければ多いほど得をします。)

お金持ちほど安い手数料で売買が出来るため
有利となり、結果としてまたお金が増えるのです。

一般的な個人投資家の場合
運用資金は1000万円以下の方がほとんどです。

出来るだけ安くコストを抑えて
ご自身にあった証券会社を使い分けてください。

以上、投資・運用にヒントになれば幸いです。

【参考記事】

投資で損しているあなた!株価が下がっても儲かる投資法ご存じですか?

当メディア「サヤトレ通信」では、投資初心者の方にも分かりやすくサヤ取り投資や金融経済などお金に関する情報を発信しています。

元・証券会社 → 現・IT企業経営&投資家が運営しているメディアです。

投資で損をしている方は、株価が下がっても儲かる投資法「サヤ取り投資」をお試しください。

まずは、こちらのサヤ取り投資入門レポートをご覧ください!

【初心者向け】サヤ取り投資入門レポート!サヤ取りの説明から取引実践まで

関連記事

  1. 投資で損した報告を人にするべきか?

  2. 富裕層ビジネスモデルの理解

  3. サヤトレの新事業挑戦の裏側

  4. Slack個人投資家コミュニティーの招待URL

  5. 自分が利用している会社に投資しよう

  6. 日本の税金改正2022

  7. 株価の大暴落は、投資の大チャンス

  8. 個人投資家が運用資金額と心のバランス

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
PAGE TOP