世界の金融市場が開くサイクル

株式会社サヤトレの増田です。

本日は、世界の金融市場についてお届けします。

日本の株式市場は、平日9時~15時ですが
月曜日をスタートにして1週間どのようなサイクルで
金融市場が動いているのか確認してみましょう。

世界共通して土日は金融市場は休みです。

そしてFXをやっている方であれば
ご存知かと思いますが為替市場は
月曜日の早朝からスタートします。

このスタート時間はFX会社によって異なり
月曜の朝5時にスタートする事もあれば
7時にスタートする会社もあります。

土日の休みを挟み月曜日の朝の取引スタート時間の違いや
窓(価格の開き)を狙ってサヤを抜く手法も存在しています。

そして月曜日の朝世界で一番早く開く金融市場は
ウェリントン市場です。(ニュージーランド)

その次にシドニー市場が開きます。(オーストラリア)

この2つの市場を総称して「オセアニア市場」と言います。

オセアニア市場は、世界で一番早く開く金融市場なので
注目が集まるのですが、残念な事に取引の流動性が低く
相場の方向性としてあまり参考にならないと言われています。

そして、その後9時に開くのが日本の東京市場です!

東京市場は、NY市場・ロンドン市場と
世界の3大マーケットの一つで流動性高く
世界中から投資家が参加してきます。

1時間後の10時からは
中国とシンガポール市場が開き
9時~17時はアジア市場と言われています。

アジア市場が終了した夕方以降に続く金融市場が
ドイツ・イギリス・スイスなどのヨーロッパ市場です。

その中でもイギリスのロンドン市場は
3大マーケットの日本市場の後に開き
夜22時からのニューヨーク市場の取引時間とも
かぶっているため最初から最後まで活発に金融取引が行われます。

ロンドン市場が世界一の取引高の金融市場です。

日本時間の22時~深夜2時くらいに
為替の値段が非常に活発に動いているのは
ロンドン市場とニューヨーク市場が同時に開いているからです。

そして日本時間の深夜2時にロンドン市場が閉まると
残っているのは、アメリカのニューヨーク市場です。

ニューヨーク市場の取引は、ロンドン市場が終わると
取引参加者が少なくなり後半は、極端に取引高が減ります

その後また早朝にオセアニア市場が開くというサイクルです。

現在では良くも悪くも世界経済は
グローバルに繋がって動いています。

ロンドンのFTSEの値段や
NYダウやナスダックの値段は
日経平均株価とも連動しているのです。

中国の経済指標の結果が日本にどう関係するのかと
思ってしまいますがこかの国の景気が悪くなると
連動して世界の株価も下がってしまう仕組みです。

こちらのサイトで世界各国の株価指数の
登録率比較が出来ますので確認すると面白いです。

■騰落率比較チャート
https://sayatrade.com/feature/comparison.php

これからますます日本と世界経済との
繋がりはより濃くなっていく事でしょう。

日本だけではなく海外の景気動向にも
少し意識を傾けてみるといいかもしれません。

投資のヒントになれば幸いです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本日、フィンテックに関するテーマの
事業の立ち上げアドバイスを行いました。

【参考記事】

相談者は外資系銀行のPB部門に勤めており
顧客は資産100億円くらいのお金持ち達です。

金融マンとしては素晴らしいエリートですが
顧客であるビジネスオーナー達と出会う中で
少しずつ起業家精神が育ったみたいです。

私も起業を目指したのは一人の社長との出会いでした。

誰と出会うかによって人生大きく変わりますね。

投資で損しているあなた!株価が下がっても儲かる投資法ご存じですか?

当メディア「サヤトレ通信」では、投資初心者の方にも分かりやすくサヤ取り投資や金融経済などお金に関する情報を発信しています。

元・証券会社 → 現・IT企業経営&投資家が運営しているメディアです。

投資で損をしている方は、株価が下がっても儲かる投資法「サヤ取り投資」をお試しください。

まずは、こちらのサヤ取り投資入門レポートをご覧ください!

【初心者向け】サヤ取り投資入門レポート!サヤ取りの説明から取引実践まで

関連記事

  1. 原油価格マイナスの分かりやすい解説

  2. トヨタが水素燃料電池車(FCV)を仕掛けるタイミング

  3. 為替レートの計算方法

  4. 株価は、景気を表していない

  5. 芸術品(アート)とNFTの未来

  6. 株式を分け与えて仲間を作る重要性

  7. NT倍率のサヤ取りが上手くいかない理由

  8. 株式投資最大のリスク「レナウン経営破綻」

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
PAGE TOP