子供の金融教育でお金持ちにも貧乏にもなる

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「金融教育の重要性」をテーマにお届けします。

GW中、時間があったので色々と思考を広げていました。

その中で「金融教育」に関して深く考えましたので本日から数回に分けてお届けしたいと思います。

まず初日の本日お伝えしたい結論は・・・
「金融教育を受けていない人は、資本主義社会で不利になる」

分かりやすく言い方を変えると金融教育を受けていない人は、将来、貧乏になる可能性が高い。

これが本日お伝えしたい内容です。

金融教育の重要性に関しては、誰もが納得すると思います。

この記事をお読みのあなたも出来れば子供の頃に正しい金融教育を受けたかったと大人になってから思っている事でしょう。

子供の頃から正しいお金の教育を受けていれば・・・

今、お金に困っている人は、困らない生活となり
今、お金持ちの人は、もっとお金持ちになっていた。

かもしれません。

しかし日本では、子供や学生時代に学校や塾で、お金に関する教育はありません。

よって子供は、基本的に両親からお金に関して学ばなければならないのです。

両親が子供に正しくお金の教育を行っていれば、その子供が将来お金に困る可能性が低くなります。

その反対に、間違ったお金の教育をするとその子供は、資本主義社会の日本では、ハードモードの人生を送る事になるでしょう。

あなたの子供が将来お金に困るか困らないかは、あなたの金融教育にかかっていると言っても過言ではないと私は、考えています。

もしあなたが今、現在お金に困っている場合、子供の頃に両親からお金に関する教育を受けていなかったのではないでしょうか?

金融教育をしてくれなかった両親を攻めても仕方ありません。

だってその両親もおじいちゃんおばあちゃんから金融教育を受けずに育っているので自分の子供に教える事は、出来ないのです。

金融教育をしていない一族は、3世代に渡り、お金に困り続けるリスクとなります。

【参考記事】

そんなリスクは、あなたの世代で終わりにしましょう。

今、あなた自身がお金に対する正しい知識を身に着けて次の世代に継承するのです。

ここまでエラそうにお伝えしましたがそういう私自身も子供の頃に親から特別に金融の教育を受けて育っておりません。

むしろ子供の頃の私は、今思い出すと恥ずかしいくらいお金の知識なくバカでした。

私は、近所の年上の友人が喜ぶので貯金箱のお金を自らあげていました。

お金の価値を分かっておらず友人に喜んで欲しいという思いからの行動です。

また子供の頃から年齢別のお小遣い制度でした。

学年が上がる毎に毎月決まったお小遣いがもらえます。

私自身子供ながらに「年功序列」「給料制度」といった会社員の制度が私の身に染みて大人になっているのです。

お金は、年齢が上がれば、自動的に貰える金額が増えて毎月、誰かから決まった金額をもらうものではありません。

お金は、労働や我慢の対価ではなく・・・
「誰かの人の役に立った分だけ、お金がもらえる」

現在の私は、そう考えています。

本日は、金融教育の重要性についてお届けしました。

繰り返しになりますが正しい金融教育を子供にするかどうかで孫まで影響します。

明日からは、具体的にどういった教育にしたら将来、子供がお金に困らなくなるのか?

私個人の意見なので正解は、ありませんがいくつか具体的な案をお伝えさせていただきます。

子供へのお金の教育のご参考、ヒントにしていただければ幸いです。

関連記事

  1. 投資家を育てる際の方針(初級編)

  2. 投資家に必要な7つのスキル!

  3. 主義主張すると叩かれる文化の国

  4. 株式長期投資の3つの戦略

  5. お金稼ぎの考え方(長期編)

  6. お金を使った事無い会社の株を買う愚かさ

  7. お金が稼げるスポーツと稼げないスポーツの差

  8. 個人投資家交流会のご報告

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP