起業で失敗した社長が評価される時代

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「失敗」をテーマにお届けします。

これまでに何度か繰り返しお伝えしておりますが
私は投資において「失敗」は「成功」するために
とても重要なポイントになると考えています。

投資で過去に大負けした経験が無く
右肩上がりに勝ち続けている人よりも
過去に大損して投資の恐怖を知っている
失敗を経験した投資家の方が強いからです。

【参考記事】

これは私の感覚になりますが
これまで日本の文化や風習としては
一度失敗したら人生ゲームオーバーで
中々、再浮上や再挑戦が難しい国でした。

よってそもそも失敗しないためにも
やりたい事に挑戦しない人がほとんどです。

しかしここ数年でその流れが少し
変わりつつあるように感じています。

実際に「失敗」の経験は素晴らしい事です。

もし次同じような境遇が訪れた際には回避したり
チャンスに変える事も出来るかもしれません。

海外のベンチャー投資において
一度会社を倒産させて失敗している
経営者には、お金が集まりやすいのです。

日本の場合は、過去に経営で失敗して
倒産させてしまった社長の信用は低いです。

しかし海外の場合は「失敗」も「成功」も
経験値としてどちらも大きく評価されるのです。

プレミアムっぽい内容になりますが
日本は、恵まれた国の制度があります。

会社を設立して社長を連帯保証人となり
大借金して、もし失敗して倒産したとして・・・

個人が自己破産すれば借金は無くなります。

一度自己破産してもその後に
また新しく会社を作る事も可能です。

古いドラマでは、町工場を潰してしまった
社長が首吊るようなシーンが良くありますが
今の時代、そんなバッドエンドはありません。

「銀行さん申し訳ない。10億円返せないです。ごめんなさい。」

上記が現実です。

会社の借金の連帯保証の借金を自己破産で
帳消しにした後、普通に楽しく生活している
元社長なんて世の中には沢山いるのです。

そもそも銀行側も貸し倒れのリスクを
考えて金利をつけてお金を貸す商売です。

貸したお金が返ってこない貸し倒れなんて
銀行にとっては想定の範囲内で計算済みなのです。

後は、会社を倒産させた(失敗した)
世間からの目が暖かければまた挑戦出来ます。

過去に会社を倒産させた経験のある
経営者がまた次に会社を設立する場合・・・

投資家目線としては通常の起業よりも
高い確率で大成功すると思っています。

アリババ創業者のジャックマー氏が良い事例です。

失敗を経験している経営者が
リベンジで立ち上げた会社に
注目してみるといいかもしれません。

またその逆に1度ビジネスで成功して
新規上場のIPOや会社売却のM&Aを
経験している経営者はより強いです。

資本主義社会というゲームクリアのコツ
攻略方法を彼らは、知っているのでしょう。

そして成功した際に手に入れた経験値やステータス
マネーやアイテムや人脈など全て持った状態で
また新しく起業する事が出来るのです。

ベンチャー業界では「強くてニューゲーム」と言います。

メルカリ創業者の山田進太郎氏が良い事例です。

山田氏はメルカリで成功する前に
過去に自分の会社をM&Aで外資企業に
売却して一度ゲームをクリアしています。

メルカリ立ち上げIPOで2度目のクリアです。

勝ち続ける人は、ずっと勝つのです。

凄いですよね。

一生分の潤沢なお金がある状態で新しく起業する訳なので
1回目よりも2回目の方が面白い会社を作る事が出来ます。

「失敗」も「成功」も価値と考えれば
「挑戦」する事そのものが価値と言えるでしょう。

私達投資家は、挑戦する人に対してお金を投げて
その会社が成功したらリターンを得る立場です。

失敗した人でも再挑戦出来るように暖かく見守り
お金を投じて再挑戦してもらい成功してもらいましょう。

【本日のマネー実践タスク】

過去に会社を倒産させた経験のある
社長の会社を調べてみましょう。

過去にIPOやM&Aを成功させた経験の
社長の会社を調べてみましょう。


メールアドレス

関連記事

  1. 安定的に儲かったロングショートの組み合わせ

  2. LINE株を長期保有した結果を公開

  3. 100億円稼ぐ具体的な方法

  4. 官民ファンドが失敗する理由

  5. 東岳証券のサヤ取りシステムトレード

  6. 個人投資家が初めて競馬をやってみた結果・・・

  7. NT倍率を使ったサヤ取り 解説その2

  8. フリーランスで食べる秘訣

  9. キーエンスは何の会社?

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP