空売りロングショート負け相場

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「空売り負け相場」をテーマにお届けします。

昨年のコロナウイルスの感染拡大以降、私は、株価が下落する事を予想していました。

これまでに株価が継続して高くなっていたので暴落するには、良い頃合いと感じていたのです。

しかしそれから1年経過しましたが株価は、下がるどころか、上昇しています。

緩和マネーが投資に流れている事は、経済の流れとして理解出来るのですが未だに相場予想は、分からない事だらけです。

そんな私の投資戦略は、買い銘柄と売り銘柄を両建て状態にするロングショート戦略です。

買いと売りの比率は、トレンドによって変えますが、昨年から空売りの結果が非常に悪い状態が続いています。

株価が上がっているので、そりゃそうなりますね。

おそらくサヤトレでサヤ取りしている方も空売りの損失が無ければ、大儲けだった。

空売りは辞めて、株を買おう。

そう感じているのではないでしょうか?

凄い気持ちよく分かります。

私は、今回のコロナによって打撃を受けている企業を私は、空売り候補でチェックしています。

例えば、飲食、カラオケ、スーツ販売、化粧品、テーマパークなど様々です。

しかしそのような企業でも最近の株式相場では、関係なく謎の爆上げしてくるケースがあります。

本当に特に理由はありません。

海外の個人投資家がSNSで呼びかけて業績の悪いゲームストップ株を上げたように最近の株式市場は、雑音が多くなっているのです。

自分の投資分析が正しいと思うのは、どうかと思いますが業績の悪い企業の株が下がり業績の良い企業の株が上がる。

現状の相場では、従来のシンプルなルールではなくなりつつあります。

これは投資バブルの一時的なバグなのか?

それとも株式市場のルールは変わったのか?

見極めながら相場のルール変更を受け入れて投資していく方針です。

とは言え、株価は暴落する時は、全部下がるというルールは、変わりません。

今、上昇相場の恩恵で儲かっている方も急な暴落で逃げ切る事が出来るかは分かりません。

相場の暴落を経験した事が無い人も参加者に増えてきていますが最後まで相場の世界で生き残り続けるためには、リスクヘッジを取って投資する事を推奨します。

暴落しても傷浅く生き残り続けている投資家が私は、本当に強い投資家だと考えています。

関連記事

  1. 投資ビジネスの利益配分

  2. 投資情報サイトまとめ

  3. ネット証券会社ビジネスモデル転換

  4. ソフトバンクのNVIDIA株カラー取引(両建て売買)とは?

  5. 人がお金を欲しがる理由

  6. お金を払って人を支援する友人「お金を使うタイミング」

  7. クリスマスで相場は、終わりムード

  8. 株式上場を目指さない会社

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP