中小企業の財務戦略 黒字か赤字か決める重要性

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「中小企業の財務戦略」をテーマにお届けします。

先日、弊社の顧問税理士と
株式会社サヤトレの会社決算の
今期の見通しを相談しました。

弊社の決算は、1月末に設定しております。

法人の決算月を1月に設定した理由は
相場も締まり私が1年で最も時間が取れる
12月末~お正月に会社の会計処理を行い
1月の1ヶ月で最終調整を行うためです。

【イメージ】
■2月~12月末までの会計をお正月に計算

■1月の1カ月で最終損益の調整

中小企業の会計や財務の実情に関して
ほとんどの人は、知らないと思います。

上場している大手企業は別の話です。

中小企業に関しては、財務戦略を組めば
会社を黒字にする事も赤字にする事も可能です。

自社の最終損益を赤字か黒字か
経営者の意思で決められるなんて
その実情に驚く方も多いかもしれません。

「売上」という項目は自由が利きませんが
「損益」に関しては、時間とキャッシュがあれば
経営者側でかなり自由に変動させる事が可能なのです。

想定していたよりも売上が大きくなり
利益を減らしたければ「経費」を
増やす事で調整することが可能です。

利益を増やしたければ計上している
「経費」を減らせば利益を増加します。

また法人で投資をしていれば、投資している
ポジションを損切りや利確して調整も可能です。

利益で黒字が1000万円出ている会社が
投資している金融商品の評価損1000万円と
ぶつける事で損益通算して節税出来るのです。

これは個人投資家の投資の
最終損益に関しても同じです。

評価損100万円抱えた状態で来年を跨ぎ
利益確定100万円に対して20万円納税して
手取りは80万円しか残らない投資家は多いです。

上記の意味が分からない方は
ぜひとも下記のレポートをお読みください。

個人投資家のお役に立てる内容だと思います。

■個人投資家向け「税金」レポート(2019年度版)
https://investars.jp/theme/pdf/tax.pdf

中小企業の経営者が財務戦略において
最初に決めておくべき重要なポイントは
自社の最終損益を予め想定して決めておく事です。

経営者:「今期、予想外に売上跳ねて大きく黒字決算になったわー

上記のような社長がいたとすれば
会社が儲かっている点で素晴らしい事ですが
財務戦略は出来ていないかもしれません。

もし来期に逆に想定外に売上落ちたら
倒産するかもしれないからです。

予想外に売上跳ねたのであれば
「設備投資」や「広告費」や「外注費」など
来期以降に自社の売上がより上がる事に経費として
お金を使う事が大切だと考えています。

経費を使うという行為は節税に繋がります。

税金を支払わずに無駄使いしているように
見えるかもしれませんがそれは正しくないです。

なぜならば経費を使う事でまたそのお金を受け取った
会社の利益になり移転しているだけだからです。

経費を使うという事は
「利益の押し付け合い」です。

自社が納税するか他社が
納税するかの違いなのです。

個人投資家が投資で儲かって自分で利益を納めるか?

会社四季報やサヤトレのような有料の
投資分析ツールのサービスを契約して
契約した法人が税金を納めるかの違いです。

その結果、お金はグルグルと回り景気が良くなります。

【投資で儲かっている方へ・・・】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

投資の確定申告の経費としてご購入ください。
「投資分析ツール代」で領収書を発行します。

■高機能版サヤトレお申込みフォーム
⇒ https://investars.jp/member/form-new.php

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

儲かっている個人や会社は、お金を使う理由が
事業に関係ない無駄使いはダメですが
節税であったとしても素晴らしい行為です。

私の会社は、予め財務戦略を明確にしています。

金融機関から融資を受けていますので
赤字にすると決算書の見栄えが悪くなります。

当初に想定した着地点を目指して
決算を調整していく方針です。

本日の発想や内容は、ビジネスを
している人に限った話ではありません。

個人投資家であれば、
自身の投資結果はもちろんです。

■個人投資家向け「税金」レポート(2019年度版)
https://investars.jp/theme/pdf/tax.pdf

そして投資家は、上場企業の財務指標を見る際に
利益が多いほど良いと考えるのも間違いと分かります。

Amazonがここまで大きくなれた理由は
儲かったお金を全て設備投資に回し続けて(税金を払わず)
ずっと赤字にして大きくなり続けたからと言えます。

稼いだお金を来年以降、儲かる事に
正しく使う会社は大きく成長するのです。

会社の決算書をみる時など投資
資産運用のヒントになれば幸いです。

【本日のマネー実践タスク】

「黒字」に出来るくらい売上があって稼いでいるけど
財務戦略で「赤字」にしている会社を見つけましょう。

投資で損しているあなた!株価が下がっても儲かる投資法ご存じですか?

当メディア「サヤトレ通信」では、投資初心者の方にも分かりやすくサヤ取り投資や金融経済などお金に関する情報を発信しています。

元・証券会社 → 現・IT企業経営&投資家が運営しているメディアです。

投資で損をしている方は、株価が下がっても儲かる投資法「サヤ取り投資」をお試しください。

まずは、こちらのサヤ取り投資入門レポートをご覧ください!

【初心者向け】サヤ取り投資入門レポート!サヤ取りの説明から取引実践まで

関連記事

  1. 家を買った際に得する総額金額とは?

  2. カルロスゴーン氏の記者会見(世界中の意見)

  3. 現金をゴミと考える投資家の投資先

  4. 投資の正しい損益計算について

  5. 証券会社時代の裏話 新入社員は残業代なし(違法)

  6. 現金はゴミ!お金の価値は一生下がり続ける

  7. 投資は副業なのか?(違う!)

  8. 就職活動を有利にするSNSの活用法

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
PAGE TOP