お金で絶対という言葉の信用力

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「お金関係の絶対」をテーマにお届けします。

お金の話の際に「絶対に〇〇」という言葉を使う人がいます。

■絶対に返す

■絶対に大丈夫

■絶対に儲かる

上記のようにお金関連の話で「絶対」という言葉を使う方がいた場合、どう思いますか?

多くの人は「絶対」と言っているので安心して信じてしまう人が多くいます。

しかし私個人は、真逆の考えです。

投資、ビジネス、貸借などお金が関係する話において相手側が「絶対」という言葉を使ってきたら、残念ですが、その方の信用は大きく落ちます。

お金において「絶対」や「100%」という言葉を使う人を私は、信用しません。

「絶対」という言葉を使う方は、その場しのぎで無責任な約束をする人だと私は、判断してしまいます。

甲子園で絶対に優勝してみせる!

上記のような絶対の使い方は、素晴らしい約束です。

しかしこれがお金の約束で投資やビジネスのように失敗する可能性がある分野において、現実的に絶対は、あり得ないのです。

極論を言うとお金を投じた翌日に・・・

■地震で津波が起きて原発が爆発する

■アメリカの投資銀行が潰れて世界恐慌

■投資先企業が放火される

などなど

災害・テロ・事故など何が起こるか分かりません。

お金において「絶対」という言葉を使って約束を取り付けようとする方は、上記のようなリスクを想定出来ていない想像力に欠けている可能性があります。

もしくは相手を最初から騙す目的かもしれません。

もちろん絶対という言葉を使っている本人は、悪気はなく本心で言っている事がほとんどです。

しかしあらゆるリスクの想定が出来ておらず絶対と述べる事の方が私は、怖いと感じます。

世の中一般的にお金に関する契約を行う際に「絶対大丈夫」という言葉を多くの方は欲しがります。

その心理を利用して「絶対」という言葉で約束をする方は、多くいますが実際、現実的にお金において絶対の約束をする事は無責任です。

お金関連の話において絶対という言葉を使う方がもしあなたの前に現れた場合、安心する事なく本日の内容を思い出していただければと思います。

またお金の約束をする場合に絶対という言葉を欲しがる方ほど、要注意してほしいと思います。

以上、お金に関する話が出た際のヒントにしていただければ幸いです。

関連記事

  1. 失敗の本質「日本の弱点」その2「嘘をつき、その嘘を隠ぺいする」

  2. 投資は、ジャンケンと同じ!必勝法は存在しない。

  3. 善良な個人投資家の交流会作り計画

  4. 上場企業のテレワークの実態

  5. 投資の経験値を貯めるという意識

  6. 2021年の経済ニュースベスト2「若年世代の投資」

  7. 緊急事態宣言で閉店するお店

  8. 金融機関・証券会社のアナログの裏側

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP