資本主義・社会主義・共産主義の違いとは?

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「資本主義」について書きます。

まず「資本主義」と「社会主義」と「共産主義」
この3つの違いが分かる方は何%くらいいるでしょうか?

意外に結構知らないのではないかと思います。

簡単に解説すると・・・

■資本主義とは、個人が自由に資本を持つことが出来て
お金を元手に経済活動が自由に出来る事を意味します。

個人が起業することで自由競争により経済は大きく発展します。

しかし個人間で成功する者と失敗する者が出るので
貧富の差や社会的不平等が生まれるのがデメリットです。

■社会主義とは、個人ではなく国が主体となり
個人間の自由競争は許されません。

国が立てた計画に従って生産が行われます。

大きな貧富の差や社会的不平等は生まれませんが
競争がないため経済的な発展が遅れることが多くあります。

国を運営するトップの能力や性格によって
経済が大きく左右されるリスクもあります。

■共産主義とは、社会主義に似ていますが
収入から消費まで全ての平等を目指し
家や車などの入手も全て均等にして平等にするという考え方です。

最終的には国家も理想も無くなり
国民全員が全て平等な状態を目指します。

歴史上「共産主義」を成し遂げた国家は存在しません。

言うまでもなく日本は「資本主義」です。

一部社会主義の部分も混ざっているので
個人によって考え方は違うかもしれないですが

基本的に日本では個人は自由に好きな仕事をして
結果を出せば欲しいだけの収入を得る事が可能です。

競争社会の中で戦い頑張って結果を出した人は
良い暮らしや好きな事が出来るリターンがあります。

しかし現代の日本では競争や勝ち負けに拘る事を
好まない方はとても多いように感じます。

お金持ちの立場を追いやる風習ありますよね。

平等を強く求める人もいますが実際問題として
日本人全員で平等な事が何か一つでもあるでしょうか?

国がどのような方向に持っていきたいのか
私には分かりませんが頑張って結果を出したら
その分お金というリターンで返ってくるシンプルなルールが
個人にとってもマクロで見ても一番良いと私は感じています。

日本は競争社会で資本主義経済である!

このルールをしっかりと受け入れる事で
お金の考え方も変わってくるのではないでしょうか?

各々が強みを活かして仕事を頑張っても良いですし
大手の金融機関と個人投資家での情報格差も無くなった
投資分野に注力しても良いと思います。

会社員も公務員も経営者でも
お金の勉強は絶対に必須だと思います。

2015年も一緒に金融リテラシーを
高めながら賢くなっていきましょう!

【参考記事】


メールアドレス

関連記事

  1. お金の計算は12月末にしよう

  2. 四季報を使った個別銘柄の調査方法

  3. 日本の税金が世界一高い理由!

  4. 伊藤忠の読み方

  5. 富裕層がお金を持っている事を隠す理由

  6. 正論を言うと損する人とは

  7. LINEの4CASTはギャンブルか?

  8. 個人投資家向け「税金」レポート(2019年度版)

  9. ジャンケンで負ける方法=必勝法

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP