2020年の仮想通貨は上昇予想

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「仮想通貨」をテーマにお届けします。

2017年に大きく話題になった仮想通ですが2018年から約2年間、価格は下落トレンドです。

直近も仮想通貨を代表するビットコインの価格は、95万円から78万円と大きく下落しています。

中国の仮想通貨規制のニュースに反応した下落らしいです。

また日本では、数年前にお金を集めていた会社が破産するなどネガティブなニュースも出ています。

相場全体としては、冷え込んでいますが私は、継続してこの仮想通貨の市場は、投資対象として魅力に感じています。

価格が上がらない状況で2年ほど継続して言い続けているので説得力に欠けるかもしれません。

会員限定メルマガ「サヤ取り通信プレミアム」でお伝えしておりますが私は、仮想通貨の保有は、超長期で保有する投資対象としています。

目先100万円のビットコインが半額の50万円に値下がりしても損切りせずに保有し続ける考えです。

また相場が冷え込んで誰も仮想通貨の話題をしなくなったこの約2年間。

私は、1日たりともビットコインやその他アルトコインの価格変動や開発の進捗情報の取得を怠った日はありません。

自分の中でどれが本物で可能性あるか?

投資対象を見極める能力もついてきました。

2017年まで日本は、仮想通貨の分野において世界一進んでいる国でしたが、残念ながらそのポジションを国、自ら捨ててしまいました。

日本発のブロックチェーン関連サービスが世界に広まる事は、もう無いと思います。

仮想通貨を使った犯罪が増えた結果仮想通貨そのものを規制する方向に動きました。

日本や中国が止めてもブロックチェーンの仕組みは、国に関係なく動き続けます。

Facebookが独自の仮想通貨を発行しようとしてアメリカが止めるなど、現在国が規制して企業の新しい取り組みを止めている状況です。

しかし仮想通貨やブロックチェーンは、IT技術なので国を変えていくらでも新しい取り組みが出来てしまうのです。

世界では、色々なブロックチェーンの新しいプロジェクトが登場していて気付かない間にサービスとして少しずつ広まってきています。

日本は、広まりません。

私は、2020年は、仮想通貨にとって大きなファンダメンタルが沢山ありますので価格の上昇が期待出来ると予想しています。

仮想通貨に関してまだ怪しい信用ならないと感じる方も多いと思います。

しかし世界では、少しずつ普及するために段階を経てサービスや実験が進んでいます。

ある日急に潮目が変わる日が訪れて日本がブロックチェーン先進国を捨てたことを後悔する時が来るかもしれません。

私は、今でも毎日仮想通貨の市場動向や価格変動は、習慣でチェックして情報を集めています。


メールアドレス

関連記事

  1. サヤ取り投資ペア実例に関する質問回答

  2. 知識・情報アップデートの重要性

  3. 株価が下落しても利益が出る投資法

  4. フラッシュクラッシュとは

  5. 企業がサービスを値上げする理由

  6. 日銀がマイナス金利で個人投資家が取るべき行動とは?

  7. 直近10年間で最強の株価指数とは

  8. ロングショート自動売買の実践について

  9. お金の相談が出来る職業の特徴(地銀・信金・共済編)

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP