相場予想をはずすアナリストは無能か?

株式会社サヤトレの増田です。

先日、経済番組内で2016年の日経平均予想を
各証券会社が見直し引き下げした事が特集されていました。

2015年の年末に予想した2016年の予想から2ヶ月も経たず
下記3社とも大きく見通し株価を引き下げています。

【各証券会社の見通し引き下げ】

■野村證券
若生寿一氏
23,000円 → 20,000円

■SMBC日興証券
太田千尋氏
22,000円 → 20,500円

■大和証券
細井秀司氏
21,240円 → 17,780円

本日は、証券会社が行う日経平均株価の予想について
個人投資家が知っておくべきポイントをお届けします。

私は、過去証券会社に勤めて証券各社のアナリストが予想する
日経平均株価の予想や個別株のレーティングなどに注目しておりました。

その結果として私が辿りついた結論は・・・

証券会社のアナリストが行う株価予想は
全くと言っていいほど当たらないという事です。

【参考記事】

もちろん当たる事もありますが、株価の予想は
ジャンケンと一緒でランダム的に当たる事もあります。

私は、アナリスト達の相場予想に
優位性があるとは全く思えませんでした。

むしろ個人投資家にとっては不利になるくらいに
感じたのが個人としての正直な感想です。

現在、私は、大手証券会社の株価の予想も
相場見通しも全く関心がなく情報を仕入れておりません。

証券会社で投資の見通しを行うアナリストの方は
その証券会社の中でも頭が良くて優秀な社員達です。

しかしそんな証券会社内にいる優秀な方でも
相場の見通しを当てる事は非常に難しいのです。

最近、著名なアナリストで当日の株価予想が
大きく外れた事に対してネットで無能と叩かれていました。

相場の予想が外れる=無能アナリスト

上記のように考える事は間違いです。

無能だから相場予想が外れるのではなく
「優秀な人でも分からないのが相場予想」なのです!

誰にも分からない予想を多くの個人が質問してくるので
証券会社の優秀な社員が予想してレートを提示しています。

予想を提示したアナリストは、自分の予想に対して
責任を持つ事は必要だと思いますが、予想が外れても
それは当然の結果で仕方がない事なのです。

予測出来ない事を、ニーズがあるので提示している事を
個人投資家も正しく認識する事が必要ではないでしょうか?

私の友人が投信会社でアナリストを行っておりますが
「相場予想が出来たらサラリーマンなんか辞めている」

上記のように言っています。

【参考記事】

相場を予想する事は本当に難しい事なので
アナリストの予想は参考程度にして盲信しない事をお勧めします。

投資は、相場の変動や上下を予想が当たらなくても
投資で勝つ方法は、沢山あります。

サヤ取り投資や両建て売買はその代表の一つです。


メールアドレス

関連記事

  1. 投資結果を振り返る重要性

  2. 証券会社のレーティングは無視しよう

  3. 日本の株価が下がる理由

  4. 空売り特集1 空売りについて

  5. 起業で失敗した社長が評価される時代

  6. 「売買高」と「売買代金」の違い

  7. 円安で得する人と損する人

  8. 投資でお金持ちになれるのか?

  9. 銀行よりも証券に預ける方が安全?

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP