サヤトレを利用する価値・メリット

株式会社サヤトレの増田です。

今週は、サヤ取り投資分析ツール「サヤトレ」の情報充実週間です。

本日は「サヤトレを利用する価値」をテーマにお届けします。

サヤトレを利用する価値を3つお伝えします。

昨日のメルマガにてサヤトレは、計算機であり投資分析ツールであることをお伝えしました

【参考記事】

ツールという特徴の解説として料理を作る包丁を事例にしました。

包丁は、料理を作る際に食材を切る道具です。

包丁・鍋・フライパンなどの道具無しで美味しい料理を作る事は、出来ないと思います。

料理を作る際に包丁が必要なようにサヤ取り投資を実践する際にサヤトレは、必要な道具なのです。

よってサヤトレを使う個人投資家の1つ目の価値は、サヤ取り投資が実践出来るようになる事です。

サヤトレ使わずに毎日ご自身で株価推移の場帳をつけてサヤチャートを自作してサヤ取り投資をしている方もいます。

しかし個人が毎日サヤチャートを自作する労力がサヤトレを使えば、簡単に表示する事が出来るのです。

今まで多くの個人投資家が時間をかけて行ってきた面倒な作業をサヤトレは、自動化して提供しているのです。

サヤ取りに適した2銘柄のペアを検索するためには、人の手計算では不可能な膨大なデータを扱い複雑な統計を駆使した計算をしなければ実現出来ません。

【参考記事】

日本の上場企業は、約3800社ありますがその中から2社の組み合わせは、720万ペア以上の組み合わせが存在します。

サヤトレで投資分析出来る銘柄は・・・

■東証1部
■東証2部
■東証マザーズ
■ジャスダック
■ETF
■REIT
■株価指数
■先物
■FX

サヤトレは、上場している全銘柄に対応しています。

■サヤトレ対応銘柄一覧
https://investars.jp/sayatore/sayatore-stock.php

個人が行うには、困難な膨大なデータをサヤトレは、毎日管理して確認しています。

2011年の運営スタートからの8年間平日の株価更新の確認は、私が責任を持って継続して確認し続けているのです。

ユーザーは、毎日の株価更新は、もちろん「株式分割」や「株式併合」などによる株価の修正を行う必要はありません。

こんな面倒な作業は、全て弊社が行い投資家ユーザーにも儲かる銘柄を探し投資分析する事に時間を使って欲しいのです。

サヤトレを使う事によって、使わない時に比べて大幅な投資に費やす時間を削減短縮出来る。

これがサヤトレを利用する2つ目の価値です。

そして最後の価値は、私個人が押し付けている価値感で実際のユーザー様が感じていない可能性もありますがサヤトレを使ってサヤ取り投資を実践することで・・・

投資家の投資のレベルは、大きく向上すると考えています。

買い(ロング)と信用売り(ショート)を同時に保有するロングショート戦略のメリットを経験するとこれまでに見えなかった世の中のサヤに気づきます。

同じ商品であっても日本と海外で値段が違ったり1000円で作れるのにロゴが入っているだけで価格が1万円になっている商品の割高感など

投資は、もちろんのこと世の中の経済の仕組みや流れが分かるきっかけになります。

長い投資人生でロングショート戦略を覚えていれば、買い(ロング)の投資対象がバブルで大きく値上がった際に、ヘッジ目的に信用売り(ショート)を入れるなど投資戦略に応用が出来るようになるのです。

上記の戦略を知っているか知らないかで大きな損失を回避出来るか変わる事でしょう。

その他にもまだまだメリットはありますが本日の内容をまとめると下記の通りです。

サヤトレを利用する事で投資家は、時間短縮でサヤ取り投資の分析が出来て投資戦略の幅は、広がりレベルアップする!

会社員が1年間頑張って働いて貯めたお金が1日で無くなる事や40年働いて貰った退職金が1年で無くなる事もあるのが投資です。

大きく損をしかねないリスクある投資業界であるからこそ、情報を活かして貰えれば幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

■高機能版サヤトレお申込みフォーム
⇒ https://investars.jp/member/form-new.php


メールアドレス

関連記事

  1. サヤトレロングショート!運用スタート!

  2. ロングショートシストレ公開検証スタート

  3. NT倍率を使ったサヤ取り 解説その2

  4. 株価データ管理が困難な理由(運営の裏側)

  5. サヤトレFXが名称変更いたします

  6. サヤ取り投資ペア実例に関する質問回答

  7. サヤトレの「軸銘柄」と「脇銘柄」

  8. サヤトレロングショート企画の募集締め切り日

  9. サヤトレFXが神進化

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP