コロナショック相場を経験出来る価値

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「コロナショック相場の経験」をテーマにお届けします。

先週に引き続きコロナショックで日経平均は、大きく下落して終了です。

私個人の基本的な方針としては、日中は、あまり株価を見ないようにしています。

その理由は、株価の値動きを見ると気になって目の前の仕事・タスクに集中出来ないからです。

投資に時間を奪われたくないという考えを基本的な価値観としています。

しかし直近の数週間は、例外です!

過去数年間で一番投資分析や情報収集に時間をかけて相場を見ています。

コロナショック以降、毎日相場を見て情報収集やシナリオ想定や投資戦略を考えています。

なぜ普段、株価を見ない私がコロナショックの相場を真剣に確認しているかの理由は、大きく2つです。

■チャンスを探している(実力試し)

■経験値ボーナスの取得(経験・成長)

1つ目のチャンスに関しては、過去私は、サブプライム・リーマンショック・東日本大震災など

相場の急落を何度も投資家や証券会社の立場で経験してきました。

上記の暴落では、特に成果を得る事出来ず自分が損したり、顧客の投資家を損させたり何も出来ずに終了しました。

しかしそのようなに私が過去に経験した相場暴落の経験則から現在、発生中のコロナショックがどのように動くか?

私の頭の中には、シナリオが想定されています。

このシナリオ通りに相場が動けば、リターンを得る事が出来るかもしれません。

自分の投資レベルや実力を試すチャンスです。

私は、コロナショックで戦える投資レベルなのでしょうか?

私の実力に関しては、限定メルマガ「サヤ取り通信プレミアム」にていずれご報告させていただきましょう。

そして2つ目は、経験値ボーナスの取得です。

〇〇ショックなどの金融危機や市場の暴落は、10年に1度くらいの頻度でしか訪れません。

投資家としては、〇〇ショックを経験出来る事は、長期的な投資人生で考えた場合にとても役立ちます。

平常時のあまり動かない相場よりもコロナショックの激しい相場を経験する事は、5年後や10年後の投資に活きると考えています。

例えば、本日、日銀が年6兆円としているETFの購入目標額を12兆円に倍増する事を前倒し会合を行い発表しました。

このニュースを聞いた際にあなたは、株価が上か下かどちらに動くか判断出来ますか?

当たるかどうかは、別として私は、こう動く可能性が高いという投資判断が明確にイメージ出来ます。

これは、過去に〇〇ショックの時の中央銀行の対応や直近の日本経済の背景が頭に入っているからです。

過去に経験して失敗した事や学んだ知識は、10年以上経過しても活きて役立ち続けています。

つまりこれは、未来の10年後にも同じです。

コロナショックの時に日銀が追加でETF購入を発表した。

その後に株式市場は、こう動いた。

本日のコロナショックの経験は、10年後に役立つ可能性が高いです。

そういった2つの理由から私は、直近、相場を真剣に見て勉強しています。

皆様、お仕事やプライベートなどお忙しいと思いますが、投資で利益を出したいのであれば、コロナショック相場を確認して経験値を貯める事をおススメします。

平常時に相場と向き合っても学べる事は少ないですがコロナショックの現在は、経験値〇倍ボーナスが付きます。

投資のレベルアップを目指すのであれば、今です!

日中仕事で忙しい方でも夜1時間程度、投資の振り返りの時間を作ってみてはいかがでしょうか?

5年後、10年後に訪れる別の〇〇ショックの時、本日のコロナショックの経験が役に立つかもしれません。

また下記の個人投資家コミュニティーでは、現在142名のメンバーで投資情報を共有中です。

上手く活用していただけると幸いです。

■個人投資家コミュニティーへの招待(無料)
http://sayatrade.co.jp/slack.html

■メンバーの方はこちらから
https://sayatrade.slack.com/


メールアドレス

関連記事

  1. 1株単位銘柄に投資する注意点

  2. 証券口座を複数持つ事のデメリット

  3. 東芝が倒産する確率は?

  4. コロナショックで大損する投資家の3つの共通点

  5. 社会人1年目のお金の話

  6. 3月末権利確定日に株価が上がる裏の理由

  7. 収入が低い理由を考える(収入が高い職業と比較)

  8. eスポーツは、稼げる職業

  9. コロナショックの金融・経済・相場まとめ

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP