投資初心者への最速アドバイス ステップ2 現物株を買う

株式会社サヤトレの増田です。

本日も昨日に引き続き「投資初心者への最速アドバイス」です。

昨日のメルマガでこれから投資をスタートしたい初心者だけど何をどうしたら良いのか分からない。

そんな方に向けて実用的で具体的な内容をまとめる事にしました。

これまでは、投資初心者の方には・・・
「本読んだらいいですよ。とりあえず10冊くらい」

上記のようにアドバイスしてきましたが読書もすっ飛ばした最速コースをお届けします。

昨日のステップ1でお伝えした内容は、下記の通りです。

【ステップ1のまとめ】
■投資は、損をする事がある(リスクがある)

■何円までなら損しても良いか決める(リスク許容度)

■損しても良い金額を投資資金とする
(全額無くなっても問題ない余裕資金)

■投資資金は、最低100万円とする
(余裕資金100万円を貯められない方は投資するステージではない)

【参考記事】

余裕資金(初期投資資金)は、運用に失敗して損しても構わない。

リスクを取って資産運用した方、リターンを得る事が出来ます。

本日のステップ2は、運用資金100万円を具体的に何に投資すれば、良いか金融商品をお伝えします。

私は、投資初心者におススメするのが「日本株」です。

ネット証券で口座開設を行って現物取引で日本株を1銘柄~3銘柄程度買いましょう。

買うタイミングは、損する覚悟が出来ているなら今すぐに買ってしまってOKです。

投資初心者に日本株をおススメする理由は、日本株が上がると思っているからではありません。

(むしろ損して欲しいと考えています。ステップ3にて解説)

投資初心者に日本株をおススメする理由は、日本株が最も投資について効率的に学べるからです。

投資初心者の方は、学ぶべき事が多くあります。

通常は、リスクを取らずに書籍など座学で基礎知識として学ぶのが良いのですが日本株を実際に買えば、それらの知識が実践で学べます。

■業績は、良いのに株価が下落する理由

■赤字決算の発表で株価が上がる理由

■リストラや人員整理の発表で株価上がる理由

■為替が円安になると株価が上がる理由

などなど

上記のような謎を日本株を実際に持てば経験出来ます。

最悪、無くなっても困らない余裕資金100万円あれば、ネット証券会社で日本株を1~3銘柄購入しましょう。

そして投資初心者が日本株を購入する際の最初の銘柄選びですが、自分が直近1年、出来れば先月にお金支払った会社の株式を買ってください。

あなたは、先月お金をどこに支払いましたでしょうか?

その支払った会社の株式を買いましょう。

例えば、一般的な支出の割合として多い住居費。

賃貸で家賃を支払っている場合、あなたが毎月支払っている家賃の振り込み先の会社に投資するイメージです。

例えば、あなたが旭化成 (3407)の自宅に住んでいる場合には、旭化成 (3407)の株価を調べてください。

現在の旭化成 (3407)の株価は、約960円です。

100株単位なので100株買うと9万6,000円

300株買うと28万8000円です。

こんな感じで運用資金100万円あれば、3銘柄程度(約33万円)に分散して自分がお金を支払っている会社の株を買いましょう。

また会社員の場合、自分が勤めている会社が上場していれば、ぜひとも1銘柄に入れて欲しいです。

要するに自分が関わっている会社の株を買う事がおススメです。

株価が上がる下がるは、初心者は考えなくても構いません。

それは投資上級者でも分からない事です。

まずは、一歩踏み出して投資家デビューする事が大切です。

名前は、初めて聞く会社だけど誰かが推奨していた銘柄に乗って買うのは、投資初心者には、おすすめしません。

自分が毎月お金を支払っていたり給料でお金を受け取っているなど知っている会社に投資する事をおススメします。

株式を買って自分が株主になるとこれまで気づかなかった世の中の流れ、経済の流れ、企業の努力が見えるようになります。

何気なく街中を歩いていて綺麗に管理された公園や道路があったとします。

綺麗な公園や道路を維持するには、定期的に木や草を刈り、掃除して管理しているどこかの企業があるのです。

その管理会社は、どこかの誰かからお金をもらい木や草を刈って管理しています。

街中にゴミ箱1つ設置するだけでもその回収や管理にお金がかかります。

ゴミ箱があるという事は、そのゴミ箱を設置してお金を儲けている会社がある。

株式投資をするとこのような世の中の経済の流れを気付けるようになるのです。

株式投資を行い、経済の仕組みが分かるようになれば、これまでに気付かなかった新しい発見が見つかります。

視野が大きく広がることでしょう。

投資初心者に対して、日本株への投資を私がおススメする理由は、世の中や経済の仕組みや動きを効率的に学ぶためです。

個別株の投資は、比較的リスクが高いので初心者向けではないと反対する方もいるかもしれませんが私は、投資初心者が最速で投資を学ぶには、個別の日本株に投資する事をおススメします。

【本日のまとめ】
■運用資金(余裕資金)でネット証券会社にて個別株を3銘柄買う

■投資する個別企業は、直近自分がお金を支払った会社

■日本株に投資する事で投資家デビューする

■実際に投資をする事で視野を広げる

明日は、ステップ3「評価損に苦しもう」とお届けします。





メールアドレス

関連記事

  1. 経済の基礎を学べる書籍(細野真宏の経済のニュースがよくわかる本)

  2. 投資のタネ銭の作り方

  3. アナログからデジタルの時代へ(金融機関の本人確認)

  4. お金の相談が出来る職業の特徴(独立系FP・FA編)

  5. 宝くじに不正はあるのか?

  6. 相場予想をはずすアナリストは無能か?

  7. コロナウイルスのデマに騙される村人達(リアル人狼ゲーム)

  8. アフターコロナで儲かる業種は、IT・情報通信

  9. 定年まで会社勤めする凄さ

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP