クリスマスで相場は、終わりムード

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「クリスマスと相場」をテーマにお届けします。

本日12月25日のクリスマスです。

サヤトレのクリスマス企画も好評で大きな問題もなくお客様にプレゼント届いているとご報告いただいています。

私も自分用に買ったケーキが本日届いているので帰ったら楽しみです。

来年も継続出来るように頑張ります。

元証券会社員で営業していた私の中で12月25日のクリスマスが来たら今年の投資は、お終いムードに突入です。

海外ではクリスマスは、休日になります。

売買高も大きく減り、投資に専念する人は、市場からいなくなります。

私も営業していた頃は、クリスマス時期は、ほとんど仕事せずにサボりモードでした。

逆にこの時期、お客の家に行って必死に営業したら、お客から信頼失い、逆効果です。

お客様には、年内の最終受け渡し日を伝えて終わりです。

2020年内受渡の国内株式の最終売買日は、12月28日(月)です。

今年1年間の投資の投資成績を計算して上手く損益を調整してください。

言葉が汚くなりますが・・・

塩漬け評価損の銘柄を抱えたまま今年の投資利益を確定させる人を私は、アホだと思っています。

金融知識が無く知らないのは、仕方ないですが知りながら損益通算しないのは、ダメでしょう。

今年の利益と評価損を相殺させれば、今年の投資の税金は、発生しません。

投資初心者の1年目の方には、難しいかもしれませんが投資の損益を調整して出来るだけ利益を減らしましょう。

塩漬け株を保有したいのであれば、翌日にまた買い直せば、OKです。

今年勝てても来年勝てるかどうか分かりません。

出来るだけ上手く調整する事をおススメします。

■個人投資家向け「税金」レポート(2020年度版)
https://investars.jp/theme/pdf/tax.pdf

関連記事

  1. キャッシュレス派の小銭貯金と両替方法

  2. 投資家オンラインコミュニティー「CRANEs」メンバー500名突破

  3. ミニマリスト推奨のクレジットカード(銀行キャッシュカード・クレジットカード・Suicaが1枚)

  4. 個人投資家向け「税金」レポート(2019年度版)

  5. 自分の感性と他者の感性の比較

  6. 成功と集中の関係性

  7. ドコモ口座の不正出金と銀行員の横領事件

  8. 個人投資家の節税方法

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP