努力している人は、楽しんでいる人に勝てない

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「努力している人は、楽しんでいる人に勝てない」をテーマにお届けします。

これは、私が起業してから数年後事業を軌道に乗せてから気付いた。

人生の格言と言っても良いでしょう。

実際に毎日楽しく過ごしていた私がそうでした。

分かりやすく旬なスポーツを事例に解説します。

例えばオリンピックで優勝して金メダルを獲得するアスリートは、そのスポーツを毎日やる事に対して本人は、どう思っているでしょうか?

毎日努力している。

周りの人は、そう考える事でしょう。

しかし実際は、違います。

本人は、そのスポーツが楽しくて毎日やっているのです。

努力して1位になったのではなく楽しくてやっていたら1位になった。

こっちの方が正しい表現だと言えます。

実際に日本でソフトボールでオリンピックに出て金メダルを取った選手の一人が述べていました。

ソフトボールは、野球と違い世界一上手くてもあまり収入が高いスポーツではありません。

【参考記事】

その選手は、民会企業から毎月一定の給料をもらってソフトボールをやるという報酬形態でした。

ALSOKの柔道部をイメージすると分かりやすいかもです。

会社員と同じ給料をもらい、大好きなソフトボールの練習が毎日出来るならば、選手は、十分幸せと感じていたのです。

その結果、世界一になります。

もちろんそれは、アスリートの努力なのですが本人としては、毎日機楽しくソフトボールの練習をしていただけで努力と思っていません。

努力している人は、楽しんでいる人に勝てない。

この法則は、スポーツだけではなくビジネスなどの競争でも同じ事が言えます。

ビジネスでも自分で努力していると思っている人は、同じビジネスを楽しいと思って遊んでいる人に勝てません。

つまり、楽しいは最強なのです。

「楽しいと思える事」×「お金や仕事」

これを上手く掛け合わせると経済的に大きな成功を手に入れる事が出来るでしょう。

皆様が努力ではなく楽しいと感じる事は何でしょうか?

ぜひ考えて応用してみる事をおススメします。

関連記事

  1. 資本主義社会のトップは投資家

  2. 本当に優しい人は、怒ってくれる人

  3. 会社員のおススメ習得スキル「問題解決能力」

  4. ビジネスと社会貢献は繋がっている

  5. スーツ&ネクタイで働く業務効率の低下

  6. 積み立て投資を解約する投資家へのアドバイス

  7. ライブドアショックから学ぶ投資の教訓

  8. 予想的中と投資結果の差

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP