失敗の本質「日本の弱点」その3「小さな失敗を活かさない」

株式会社サヤトレの増田です。

本日も引き続き「失敗の本質」をテーマにお届けします。

失敗の本質は、太平洋戦争で日本が
アメリカに負けた理由を分析した書籍です、

■失敗の本質
https://amzn.to/3Feh2D5

日本の組織や国民性含め
日本の弱点が明確に書かれ
戦争から80年経過した最近
またこの本に注目が集まっています。

日本国が戦争に負けた当時と、
全く同じような事をしているからです。

戦争に負けた理由は、明らかなのに
その反省を日本は、活かせていません。

また大きな失敗するかもしれません。

私なりに失敗の本質の書籍内容に沿って
日本の弱点ポイントを3つ紹介します。

■失敗の本質「日本の弱点」その1「目的や戦略を明確にせずに事を進める」
http://sayatore.com/blog/2021/12/20/11905

■失敗の本質「日本の弱点」その2「嘘をつき、その嘘を隠ぺいする」
http://sayatore.com/blog/2021/12/21/11907

本日は最後の3つ目です。

書籍には、戦争の負けた理由が書かれていますが
現在の日本でも同じような状況になっていないか?

当てはめて考えてみてください。

■失敗の本質(日本の弱点)その3

「小さな失敗を分析して活かさない」

失敗する本質に失敗を活かさないがあります。

まさしく今の日本もまた活かせておりません。

これは言い方を変えると
「過去の成功体験にとらわれる」とも言えます。

日本が太平洋戦争で大負けした
理由に過去の成功体験があります。

あまり学校の日本史では語られませんが
原爆落とされて負けるまでの日本は戦争が強い国でした。

日本は戦勝国で沢山の植民地を持ち
成功体験を積んでいたのです。

その成功体験があったので途中途中の
小さな負けの失敗を活かせずに大負けしました。

過去の成功体験があるので今、戦況厳しく
負けかけている状況を受け入れないのです。

現在の日本は、争いない平和です。

最高の国だと思います。

しかし経済という戦いで考えた場合
日本は30年間海外に負けてきました。

世界トップレベルの実力があるにも
関わらず謎に負け続けているのです。

■金融で負け

■ITで負け

■家電で負け

今後、自動車でも負けるのではないか?

そんな心配もされている状況です。

成功体験を活かす自信は良い事ですが
そのやり方で成功した現在、高齢者のやり方で
今の時代にあっているかどうかは分かりません。

紙、ハンコ、FAX、根性

最新技術やイノベーションに竹やりでは勝てません。

日本は、技術革新のイノベーションを
怪しいとして叩き、捨てる傾向があります。

もったいない事と国民全体が気付く必要があります。

日本が経済で負け続けた30年という
過去の失敗を活かせれば、これから
10年で逆転出来ると思います。

日本は、実力メチャクチャあるからです

その傾向は、まだ一切感じられませんが
国民全体がネットを使い賢くなってきました。

これからに期待しましょう。

「小さな失敗を分析して活かさない」

「過去の成功体験に拘って新しい事をしない」

本日も失敗の本質3つ目です。

国や組織や企業は、変われなくても
あなた個人は、今日から変われます。

失敗の本質を学び、個人で成功してください。

私目線でお届けしましたが、
皆様個人に何かヒントになれば幸いです。

関連記事

  1. サヤチャートの法則性

  2. ブロックチェーン業界の覇権争い

  3. 日刊メルマガを10年継続して得たスキル「アウトプット力」

  4. 関西スーパー争奪戦における利用者の考え

  5. AI・人工知能・ディープラーニングと投資

  6. 景気が悪いのに株価が上がる理由

  7. 投資家目線の東芝が3社分割について

  8. 投資初心者への最速アドバイス ステップ2 現物株を買う

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP