お金稼ぎの考え方(中期編)

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「お金稼ぎの考え方(中期編)」をテーマにお届けします。

昨日お届けしたお金の稼ぎ方(短期編)では、今日1日、面倒な事をやる事で1ヶ月以内の入金を手に入れる考えをお伝えしました。

お金を稼ぐという事は、基本、人が嫌がる事、面倒な事、出来ない事を代行して手伝い誰かを喜ばせる事です。

短期的にお金を稼ぎたいと思うのであれば、面倒な事や、やりたくない事を積極的にやりましょう。

【参考記事】
http://sayatore.com/blog/2019/08/07/10520

本日は、お金稼ぎの考え方(中期編)です。

中期の定義は、1年くらいをイメージしてください。

今日の行動が1年後の入金につながるイメージです。

私は、この中期的なお金稼ぎの考え方が個人には、最も大事であると考えています。

本日書いているこの記事も言ってみれば、中期的にお金を稼ぐ私の仕事の一つです。

短期的なお金稼ぎは、自分が面倒と感じる事や嫌な事であったとしても我慢してやらないといけない仕事もあると思います。

来月生きるための生活費を稼ぐために短期的な我慢は、必要ですが1年後の入金を獲得する仕事は、我慢よりも自分の得意や好きな事を優先する事がとても大切と私は考えています。

自分の好きな事や得意な事を無理せず1年後入金が入るように継続し続ける。

これが中期的にお金稼ぐ考え方です。

抽象的な表現になってしまいますがこの行動は、人によって異なります。

正解はありません。

私の場合は、メルマガ配信が該当します。

私は、文字を書く事を選びましたので9年近く毎日キーボードを叩いてWEB上に私の仕事の履歴を残し続けてきました。

■メルマガの過去記事
http://sayatore.com/blog/

今日1日に書いた記事は、1円にもなりませんが1年後には、色んな形でリターンとなって返ってきます。

しかし会社員の方で、上司へのゴマすりが得意なのであれば、上手くすりよって1年後の出世や昇進を狙うのも良いでしょう。

会社員の場合には、上司のよいしょも中期的なお金の稼ぎの考え方と言えるでしょう。

1年後の口座の入金を増やすために今日何をするか?何が出来るか?

ぜひ1度、考えてみてください。

短期的な来月の収入とは違って得意な事を活かすのがオススメです。

そして1つ注意点としては、中期的に1年後の入金を狙うのであれば、来月のように短期的なリターンは求めない事です。

来月の入金は、捨てて1年後の入金を狙うのが中期的なお金の稼ぎ方で重要です。

多くの個人は、来月の入金のために1日の全てを費やして働きますが、それでは、1年後や2年後も同じです。

この先、楽をするためも中期的なお金稼ぎの考え方を思い出して実践してみてはいかがでしょうか?

1年間報酬は、0円ですがその努力が正しければ1年後には、きっと状況が良くなる事でしょう。


メールアドレス

関連記事

  1. アメリカと北朝鮮が戦争になったら日本経済は悪くなる

  2. 三井住友銀行の営業ノルマ廃止について

  3. 東京エレクトロンのボーナスは215万円

  4. 投資のタネ銭の作り方

  5. お金稼ぎの考え方(短期編)

  6. お金の相談が出来る職業の特徴(地銀・信金・共済編)

  7. ゴールドマンサックスに入社するべき3つの理由!

  8. 個人投資家交流会のご報告

  9. 証券口座を複数持つ事のメリット

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP