ウォーレン・バフェット氏の投資の答え合わせ

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「投資の答え合わせ」をテーマにお届けします。

アメリカの株価は、コロナウイルス前の高値を楽々と越えて、ずっと右肩上がりに推移しています。

本日、日経平均もコロナウイルス前の水準まで株価を戻しました。

コロナウイルスで世界的に全体の経済は落ち込む中で株価が上がる要因は、世界中のお金の数量が増加しているからです。

実態経済に伴わない株価の上昇は、気持ち悪いですが事実なので私は、マーケットフルネスで投資しています。

先日アメリカの大物投資家ウォーレン・バフェット氏が日本の商社株を大量に買っているニュースが出ました。

私は、証券会社時代、バフェット氏が買った商社株が個人推し銘柄で自分の担当するお客様に沢山販売していました。

結果としては、全然上がらず、私の銘柄選定は、下手くそでした。

私の間違いでした。

しかし顧客の投資家に推奨するので商社株のビジネスモデルや将来性について調べていました。

10年前の話なので今と状況違うかもしれませんがバフェット氏が日本の商社株を今買う意味について・・・

今、私には、全く理解が出来ません。

以前ソフトバンクがウィーワークに多額の投資を行う理由が私には、分からないと書きました。

天才投資家の投資判断は、私のような凡人投資家に理解できない事が沢山あります。

その一方で天才投資家であったとしても高齢になって投資選定能力が弱くなっている可能性もあるかもしれません。

実際にバフェット氏の投資成績は、歳とともに年々悪くなっています。

このバフェット氏の投資結果が分かるのも数年後の答え合わせとなる事でしょう。

投資というのは、今日や今月だけではなく来年も再来年もずっと継続していくものです。

よって今のタイミングで天才投資家バフェット氏が日本の商社株を買った。

しかしそのタイミングで自分は、その選択は間違いだと思った。

そして1年後に答え合わせをして過去の自分が間違えていた事を反省して学ぶ。

この繰り返しで投資は、上手くなっていきます。

あなたは、1年前に考えていた事を現在答え合わせしていますでしょうか?

投資の答え(結果)が出るのは未来です。

ちゃんと未来に答え合わせ出来るように今のタイミングでしっかりと自分の考えを履歴として残しておくことをおススメします。

明日は、約1か月前に集めたロングショート戦略大会の投資結果発表です。

参加された方は、自分が選んだ投資銘柄の予想が当たっているか外れているか?

ちゃんと結果を見て振り返りましょう。

■第1回ロングショート戦略大会成績
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1tGe3UskN5q1wqcXf_P_xYx2KE7U_-DX8jFrtl5rSvpU/edit#gid=480847553

■個人投資家オンラインコミュニティー「CRANEs」への招待(無料)
http://sayatrade.co.jp/slack.html

■「CRANEs」メンバーの方はこちらから
https://sayatrade.slack.com/

■「CRANEs」の加入方法解説
http://sayatore.com/blog/2020/03/11/10867





メールアドレス

関連記事

  1. 株価が暴落しても損しない投資戦略

  2. 信用倍率の重要性について検証

  3. GAFA(Google・Apple・Facebook・Amazon)が持つビッグデータの価値

  4. 自分にしか出来ない仕事を積み重ねる

  5. 証券会社の暗黙のルールとは?

  6. 225先物の自動売買初実践の感想

  7. ロングショート戦略特集

  8. 自動車の運転は、ハイリスクな行為

  9. 生存者バイアスを理解して情報を得よう

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP