人間よりもAIを信じる人の増加

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「AI・ITテクノロジー」をテーマにお届けします。

私がIT業者という立場もありますが私は、人のような専門家の判断よりも人工知能(AI)などビッグデータを活用したITの方が正確だと考えています。

AIも間違った判断をする事はありますがそれは人間や専門家でも同じ事です。

どちらがより正確かという議論です。

人よりもAIの判断を信用する。

最近では、私と同じような考えの方も多く増えていると思います。

これはメリット・デメリットありますが今後傾向として加速していく事でしょう。

新型コロナウイルスの感染拡大の予防に関しても医者のような専門家がマスクをつけましょう。

人が呼びかけるよりも、世界一のスーパーコンピューターの富岳のシミュレーションにて、マスクは、感染予防に効果がある。

そのデータを一般的に公表する事で私のように科学データを重んじる者は、一発で納得して人と接する際には、マスクをつけます。

人(専門家)よりもAI(富岳)の方が説得力があると私は、考えています。

そしてこの考え方は、投資でも同じです。

元証券会社員という事もあり証券会社で投資レポートを書いている会社員の投資分析が適当な事を知っています。

私の友人の証券アナリストも・・・

「俺みたいな奴に分かる訳がない。分かったらサラリーマンやってねーよ!」

身内だけ会話では、上記のように本音を言っています。

知らずにテレビに出ている専門家と思ってアドバイスを聞くと損する可能性すらあります。

自分で投資した事がない会社員がお勧めする投資銘柄よりも、過去の統計データから分析して勝てる銘柄を教えてくれるAI

私は、AIの言う事を信じるタイプです。

皆様は、人とAIのどちらを信じますか?

少し話が変わりますが、先日友人から聞いた話でとても印象深い事がありました。

その友人は、高速道路を走っていたのですがそのすぐ前で大きな大事故が発生したのです。

自分の車が事故に巻き込まれてもおかしくないくらい近い距離での事故です。

友人は、事故車の横を通り過ぎる際に事故車の運転手が見えたのですが、運転手の頭が割れていて素人でも助からないと分かったらしいです。

実際にお亡くなりになりました。

「目の前で人が急に死ぬ」

そんな現場に立ち会い友人は、人の命は、1回の交通事故で簡単に亡くなってしまう恐怖を話していました。

その後、友人の車運転がとても慎重になったのは、言うまでもありません。

私は、過去に何度かお伝えしていますが車の運転を極力しないようにしています。

車の手動運転は、私にとってリスクが大き過ぎてリターンに見合わないのです。

そう考える一番の背景が世間で走っている車が全て手動で運転されているという事実です。

高齢ドライバーの方には、申し訳ないですが100歳の人でも車を運転出来る今の仕様設計。

バグ(恐怖)としか思えません。

毎日、いろんな所で交通事故が起こり人が死んでいます。

これは人間が手動で運転しているので発生している。

よそ見、居眠り、ブレーキの間違いなど操作ミスなどによって発生していると思いませんか?

しかしこれが全てITで自動化されれば、今よりも交通事故の件数は減ります。

ゼロには出来ませんが、間違い無く数は減ります。

制限速度以上のスピードが出ない設計、交通違反出来ない設計、ぶつかりそうになれば、自動で止まる設計に自動的になって欲しいです。

「自動運転なんて怖くて乗れない」

そういう方は、まだ沢山いるかもしれませんが将来この考え方のシェアは、確実に逆転します。

「手動で運転する車なんて怖くて乗れない」

私のように考える人が増えない限り規制で法律は、追いつかないでしょう。

繰り返しますが自動運転でも事故を0にする事は出来ません。

現在の手動運転よりも安全になって事故件数を減らす事が出来るという事です。

人よりもAIやITを信じる人が増える。

この流れは、ITに明るい世代が増えるほど加速していくのではないでしょうか?

あなたは、人とAIのどちらを信じますか?

関連記事

  1. 株価と実体経済って関係あるの?

  2. みんなで作ろう!サヤトレロングショート募集開始

  3. 銀行の口座維持手数料

  4. 弱肉強食ではない資本主義社会

  5. 投資の儲け方は、ネットに書いてあるのか?

  6. 暴落は、信用売り(ショート)で儲けるチャンス

  7. 逆イールド現象と株価下落について

  8. ファンは、お金を支払いたい(予約販売システムの提案)

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP