GPIFの株式投資が上手過ぎる!

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「GPIFの株式投資が上手過ぎ」をテーマにお届けします。

先日、サヤトレ通信プレミアムにて日本の年金制度に関する私の考えを書きました。

年金は「長生き保険」であり、勝ち負けと考えた場合においても高い確率で勝てる金融商品という内容です。

女性の場合は、平均年齢も高いのでかなり高い確率で勝てる保険です。

そんな日本の年金を運用している組織が年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)です。

GPIFの運用資産額186.2兆で日本最大の機関投資家です。

2020年のGPIFの投資成績が発表されていますがこの運用結果が大変素晴らしい成績になっています。

これまでGPIFの運用は、債券を中心に保守的な運用が行われていましたがアベノミクスの際に運用の在り方を変えました。

国内株式、外国株式、外国債券などリターンの高い投資対象の資産配分を増やしたのです。

言わずもがな、リスクも高くなります。

しかし株式の比率を増やした結果2020年に株高の恩恵にて37.8兆円儲けました。

かなり利確出来ているっぽいです。

そしてGPIFは、これから先は株高が見込めないと判断していて株式の比率を減らしていく方針です。

・・・上手すぎる!マジ上手い!

資産運用上手すぎると思いませんか?

私は、株式の資産配分を増やす方針を出した際に正直「大丈夫か・・・?」と思っていました。

下手くそは、そう思う訳ですね。

しかし運用の結果をみると37.8兆円のプラスです。

GPIFは、私達の年金を大きく増やしてくれたのです。

運用している方々、ありがとうございます。

あまり評価されていないように感じますがタイミング的に素晴らしい運用結果だと感じます。

GPIFの運用成果を日本国民は、あまり興味が無い事でしょう。

しかし日本人が将来貰う年金の運用です。

GPIFの資産運用が失敗したら受け取れる年金が減るかもしれません。

投資結果は、全員に関係する事を理解するべきでしょう。

また皆様ご存じかと思いますが、日本は、少しずつ衰退していきます。

自国は成長しませんが今は、潤沢な資産を持っています。

その資産を海外の成長に上手く投資して投資収益や配当で儲けていく事が大事です。

世の中の9割の大衆は、興味無いですが現状、日本国が行っている年金の資産運用は、とても素晴らしい運用結果になっています。

今後も素晴らしい運用をしてくれる事に期待しましょう。

GPIF頑張ってください。

関連記事

  1. ITビジネスの作り方コツ その1

  2. 日経平均株価指数の歪み(サヤ)を考える

  3. 自動売買投資レポートのプレゼント告知

  4. 日刊メルマガを10年継続して得たスキル

  5. 伊藤忠の読み方

  6. ロングショート戦略で推奨する保有割合

  7. みんなで作ろう!サヤトレロングショート企画の最終投資結果!

  8. ストップ高の銘柄を買う方法・ストップ安の銘柄を売る方法

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP