日本の株価が下がる理由

株式会社サヤトレの増田圭祐です。

株安いですね。

307円安で引けております。

本日は、日本の株価が上がらない
大きな理由の一つを書かせていただきます。

日本の株価が上がらない理由に
【人口の減少】が大きな要因の一つにあります。

ご存じの方も多いかと思いますが
今、世界では人口が爆発的に増加しております。

人間の数は、年々増え続けているのです。

現在世界の人口は70億人くらいと言われておりますが
2050年には95億人になると国連が予想しております。

■人口推移予測のデータ画像
2011091213280759c1

しかしそんな中で日本は
物凄いスピードで人口が減少しています。

世界に逆行して日本の人口は減っているのです。

(日本の人口が減少している理由は後日書きます。)

【参考記事】

例えば「自動車」を販売している
メーカーが東証に上場しています。

日本内で年間販売される
自動車の数は一定量決まっています。

日本で毎年1億台売れる事はあり得ません。

今後、人口数が減ってしまえばその減少数に
比例して自動車の販売台数も減ることでしょう。

ほとんどの産業において共通の事が言えます。

成熟企業が今後も売り上げを伸ばすには
日本だけで販売するのではなく
海外に自動車を輸出して販売しなければ不可能です。

東証に上場している大企業のほとんどが
世界にサービスを輸出して商売をしていると言えるでしょう。

ビジネスを拡大して成長させるには
どうしても母数となる人口の数は重要になるのです。

日本の人口は減少していますが
世界の人口が増えているとお伝えしました。

世界の人口が増加しているため
年々世界経済規模を示すGDPも
右肩上がりに推移しております。

よって日本は例外ですが
世界経済が成長している経緯からも
世界の株式も基本右肩上がりに上昇しているのです。

株式投資=儲かる

上記の公式は、世界的見ればスタンダードです。

リーマンショック前のような
運が悪いタイミングでスタートしてしまうと
1年間でマイナスになる事はあります。

しかしそれでも売却せずに保有していれば
最終的にほとんどの確率で株価は戻り儲かります。

アメリカ市場が良い例です。

NYダウが史上最高値を更新しているという事は
株を買っている人全員が儲かっている事と
ほぼイコールであると言えるでしょう。

世界の株式指数を表すMSCIという
株価指数を確認すると分かりますが
年間で+8%前後のリターンが期待できる統計もあります。

長期的に投資すればするほど
株式投資で儲かる可能性が高いのです(日本は例外)

アメリカの有名な投資家で
ウォーレン・バフェットという人物がいます。

彼の手法は、優良企業に長期的に投資するスタイルです。

結果的に大成功を収めておりますが
同じ事を日本株でやると失敗するでしょう。

なぜなら日本は、人口が減って経済規模が縮小し
アメリカ市場とは違って右肩上がりにならず
右肩下がりになっているからです。

私は、純粋な日本人であり
一生日本でビジネスをします。

日本国も日本企業も大好きです!

しかし

そうなって欲しくはないと
思いながらも現実主義者として

残念ですが・・・

特に何もなければ・・・

将来、日本は確実に衰退していくでしょう。

地方の市町村は消滅し都心に人が集まります。

人口が減る中で長寿国の高齢化も加速化!

現在、高齢者の人口割合は25%(4人に1人は高齢者)
ですがその割合は増えて高齢者を支える形になり
結果としてその負担は税金になります。

まだまだ増税していく事でしょう。

国民の生活は厳しくなりより格差社会になります。

【参考記事】

そうならない事を願いながらも
私個人で出来る事は、自分の資産は自分で守る。

増税に負ないくらい仕事を頑張って稼ぐ。

そして自分と家族を守る。

上記のような事くらいです。

私の意見や考えが正しい訳ではありません。

考えを押し付ける事もありませんが
金融知識ある者の考え方の一つとして
人生設計のご参考にしていただければ幸いです。


メールアドレス

関連記事

  1. 円安で得する人と損する人

  2. 新規公開株(IPO)のもらい方

  3. サヤ取り投資の軸銘柄と脇銘柄

  4. 逆日歩を回避する3つの方法

  5. JPX日経400とは

  6. 3月末権利確定日に株価が上がる裏の理由

  7. アウトパフォームとアンダーパフォーム

  8. 株価が下落しても利益が出る投資法

  9. シャープ債券の利回りが上昇するとどうなるか?

人気記事

おすすめ記事

増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP