ドンキホーテの銀行業参入について

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「小売業の金融参入」をテーマにお届けします。

先日、小売のドンキホーテHDが
事業説明会で銀行業や金融業への
新規参入の意思を発表しました。

小売の金融ビジネスといえば
セブン&アイHDやイオンなどが
既に銀行業を行っています。

現在はローソンとファミマも
銀行を作るのに準備中みたいです。

先日ソニーのフィンテックビジネスの
クラウドファウンディングについてもお伝えしました。

【参考記事】

今後、異業種からITをメインとした
金融業ビジネス参入はますます加速するでしょう。

新しくゼロから銀行を作るのは大変ですが
儲かっている会社が儲かっていない地方銀行を
サラっと買い取れば比較的簡単に銀行を持てます。

異業種からの金融参入は、一切店舗を持たないなど
これまでの銀行や金融の常識を破った経営が特徴的です。

これまでは、銀行は、他行や証券会社から
顧客の預金を奪い合ってきましたが相手は
いまやライバルは金融機関だけでは無くなりました。

全国それぞれの地方にある地方銀行や信用金庫は
今後の生き残りをかけて厳しい戦いになるでしょう。

また日本国内で預金を奪い合うのは良いとして
要注意なのは、海外IT企業の金融本格参入です。

直近では、アマゾンが金融分野に足を踏み込み始めています。

■Amazonレンディング
https://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20140220

Amazonは、全ての分野に進出してくる会社です。

いずれ金融にも本格的に参入してくるでしょう。

私は、異業種からの金融業への参入は
個人目線でとても良い事だと感じています。

個人にとっての金融の在り方やニーズは変化しています。

しかし日本の金融機関は、法律の縛りなどもあり
あまり攻めた金融ビジネスが出来ておりません。

異業種による金融業の参入が増えることによって
今後は、新しい金融ビジネスが産まれてくる事でしょう。

読者様は、異業種からの新規に
金融業への参入する流れについて
どのようにお考えでしょうか?

【参考記事】


メールアドレス

関連記事

  1. 無料アプリの時代

  2. 投資詐欺に騙されない方法とは

  3. トランプショックで損切りした人は愚か者?

  4. 銀証連携成功のカギとは?

  5. 2017年に伸びる業界とは?

  6. ヤマダ電機のポイントカードが変わった裏の理由

  7. 証券営業時代の研修資料を大公開

  8. LINE株を長期保有した結果を公開

  9. 専業投資家・トレーダーをお勧めしない3つの理由

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP