ドンキホーテの銀行業参入について

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「小売業の金融参入」をテーマにお届けします。

先日、小売のドンキホーテHDが
事業説明会で銀行業や金融業への
新規参入の意思を発表しました。

小売の金融ビジネスといえば
セブン&アイHDやイオンなどが
既に銀行業を行っています。

現在はローソンとファミマも
銀行を作るのに準備中みたいです。

先日ソニーのフィンテックビジネスの
クラウドファウンディングについてもお伝えしました。

【参考記事】

今後、異業種からITをメインとした
金融業ビジネス参入はますます加速するでしょう。

新しくゼロから銀行を作るのは大変ですが
儲かっている会社が儲かっていない地方銀行を
サラっと買い取れば比較的簡単に銀行を持てます。

異業種からの金融参入は、一切店舗を持たないなど
これまでの銀行や金融の常識を破った経営が特徴的です。

これまでは、銀行は、他行や証券会社から
顧客の預金を奪い合ってきましたが相手は
いまやライバルは金融機関だけでは無くなりました。

全国それぞれの地方にある地方銀行や信用金庫は
今後の生き残りをかけて厳しい戦いになるでしょう。

また日本国内で預金を奪い合うのは良いとして
要注意なのは、海外IT企業の金融本格参入です。

直近では、アマゾンが金融分野に足を踏み込み始めています。

■Amazonレンディング
https://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20140220

Amazonは、全ての分野に進出してくる会社です。

いずれ金融にも本格的に参入してくるでしょう。

私は、異業種からの金融業への参入は
個人目線でとても良い事だと感じています。

個人にとっての金融の在り方やニーズは変化しています。

しかし日本の金融機関は、法律の縛りなどもあり
あまり攻めた金融ビジネスが出来ておりません。

異業種による金融業の参入が増えることによって
今後は、新しい金融ビジネスが産まれてくる事でしょう。

読者様は、異業種からの新規に
金融業への参入する流れについて
どのようにお考えでしょうか?

【参考記事】


メールアドレス

関連記事

  1. 世界の金融市場が開くサイクル

  2. レオパレスの不正と投資家のリスク

  3. 原油価格マイナスの分かりやすい解説

  4. ビットコインの税金について

  5. 統計偽装・不正のよくある事例

  6. 仮想通貨詐欺のHYIP(ハイプ)に騙されないために必要なこと

  7. 楽天銀行の金利55.5%は嘘!?

  8. 日本郵政の目論見書のポイント

  9. 煽り運転の法律は間違っている

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP