グレイステクノロジー松村社長の魅力

株式会社サヤトレの増田です。

先日6月13日にメルマガ読者参加型でロングショート戦略を実際の相場変動で損益シミュレーションする企画が終了しました。

この企画は、メルマガ読者様に個別銘柄を選んでいただきインデックス指数であるTOPIXのパフォーマンスに勝とうという企画です。

ロングショート戦略の投資結果としては、相場全体が下落している中で、利益を獲得出来ました。

ロングショート戦略の参考になると思うので詳しくは、下記の記事をご参考にしてください。

【参考記事】

そんな企画の中で読者様が選んだ個別銘柄の中で最もパフォーマンスが良く上昇した銘柄が(6541) グレイステクノロジーです。

本日、株価が上がっている銘柄においてその上昇要因を探す事は、簡単です。

今上がっている銘柄の要因を後出しジャイケンで答え合わせすれば、いいからです。

それよりも実際に投資で儲けるためには、3ヶ月前にこの上昇を予測出来る事が重要です。

本日は、サヤトレのメルマガ読者様が(6541) グレイステクノロジー株が大きく上がる3ヶ月前になぜ グレイステクノロジーを選定したのか?

本日は、企画の申込時にいただきました個別銘柄の選定理由を公開させていただきます。

また私個人も今回の件を機会にしてグレイステクノロジーについて調べました。

読者様の選定理由を中心にして私が感じた点もお伝えさせていただきます。

まずグレイステクノロジーという会社の基本情報ですがBtoB向けメーカーのマニュアル作成をしている会社です。

グレイステクノロジー
https://www.g-race.com/

2016年12月にマザーズに上場した後、現在は東証1部に昇格しています。

マニュアル作り?

それって儲かるの?

そう思う方も多いかもしれません。

しかしマニュアル作りって実は、凄く大変なのです。

サヤトレのマニュアルもスタッフに作ってもらっていますがサヤトレ内部で設定されている計算式などの定義は、私とエンジニアしか把握出来ていません。

だかと言って私がマニュアルを作るとデザインも汚く、分かりにくくなり何よりも作る時間が取れません。

マニュアルが無いことでユーザーからの質問や問い合わせ件数も増えてしまい悪循環になります。

紙・電子・動画など媒体は、サービスにもよりますが分かりやすいマニュアルを作成する事は、売上げアップや経費削減につながるのです。

大手メーカーは、マニュアル作りの専門会社であるグレイステクノロジーに外注で依頼しているのです。

そんなグレイステクノロジーですが2019年3月12日株価が2,023円の時に読者様からいただいた選定理由は、下記の通りです。

グレイステクノロジーを買い(ロング)銘柄に選んだ理由は・・・

なんといっても松村社長です!

松村社長はとても努力と行動力のあるユニークな考えを持っています。

マニュアル作成会社ですが実際はほとんどを外注化することで経費を抑えています。

会社はなんといっても社長だと思います!

(以上)

読者が選定した最大の理由は、グレイステクノロジーの松村社長の魅力との事です。

「会社はなんといっても社長だと思います!」

上記に関しては、私も同じ意見を持っています。

最近の投資成績の良いファンドの特徴として、ファンドマネージャーは、ビジネスモデルよりも社長を見て投資するか決めている傾向があります。

「人を見抜く力」

株式投資を行う投資家に求められる必要なスキルの一つと言えるでしょう。

上場企業の社長で嘘をつく人は、沢山います。

表面では、芸術が大好きという理由にして数百億円単位の絵画やバイオリンを買います。

しかし本当裏面の理由は、それらの資産価値のある高額な芸術品を買う事で節税や値上がり目的の投資をしているのです。

■本当に芸術が好きで買ったのか?

■節税・投資のお金目的に買ったのか?

これは、ウソ発見器など使わない限り真実は、本人にしか分かりません。

投資家を目指すのであれば、社長が表面で述べている言葉をそのまま信用するのではなくその裏側を読み解いたりするといいかもしれません。

直近グレイステクノロジーの松村社長が2019年5月21日に自己保有の株式を売却したと公式に発表しています。

このような発表で、社長が何を発信するかで人柄が分かるかもしれません。

■代表取締役による当社株式売却に関するお知らせ
https://www.g-race.com/grace_news/20190521_disclosure/

上場企業創業社長オーナーが自分の保有している自己株式を売却する事は、会社経営において重要な決断です。

基本的にマイナスと判断される事も多いです。

上場をゴールにして、自分の嫁が持っている株を市場で売却(株価下落要因)するケースや上場したら数年で社長交代(逃げる)する人も沢山います。

グレイステクノロジーの松村社長が自己株、約38億円を売った理由のポイントと私の感想をまとめました。

【自己保有株売却のポイントと感想】
■「市場で流通している株数が少ない」と言われ続けてきた
(増田感想:確かに数字みるとその通りだと感じました。)

■ゴールドマン・サックス証券株式会社に売却
(増田感想:ゴールドマンが欲しがっている・・・!)

■「松村」と「NMC」等での残り株式は、完全議決権ベース比率で33.85%
(増田感想:3分の1確保している経営の強み)

■米国法人にしてNASDAQに株式上場を果たしたいと本気で思っております。
(増田感想:「本気」って書くって信頼度高めな印象です)

■有力な外資系の投資家様にはアドバイスを受けたり、相談にも乗っていただきたい
(増田感想:ゴールドマンに株渡して、味方につけるのは、心強い)

【参考記事】
http://sayatore.com/blog/2014/11/06/4021

■売却代金の大半は「CM代の借入返済」と「税金」で消えてしまいます
(増田感想:38億円の現金手に入るけど、私腹を肥やすわけではない事を積極アピール)

■NASDAQの夢が現実味を帯びるのであれば全然、苦にもなりません。
(増田感想:NASDAQ上場が夢なのかー。)

(以上)

私個人的には、自己で大量に保有している株式の一部をゴールドマン・サックスに売却して味方につけることは、アメリカ攻略する良い作戦であると感じました。

また次世代AIマニュアル「Grace Vision」が実現すれば、世界中の作業員の業務効率が大きく向上することになります。

Grace Vision凄いのでぜひ観てみてください。

再生数がまだ全然少ないので、知らない方が多いのは、投資する側としてはチャンスなのかもしれません。

■Grace Visionの動画
https://www.youtube.com/watch?v=lKHworGRjxo

今後グレイステクノロジーがアメリカ進出に成功してNASDAQに上場出来るのか?

そして世界からの認知度アップに成功して世界メーカーからマニュアル受注が行われるようになれるか?

ぜひ皆様、投資家として一度グレイステクノロジーの企業研究をしてみてください。

株式投資の良い勉強になると思います。

関連記事

  1. 空売りの悪いイメージは誤解です

  2. 2019年10月1日の消費税10%増税について

  3. 負ける投資家のタイプ分類

  4. 証券会社のレーティングは無視しよう

  5. 決算発表前の銘柄への投資

  6. NT倍率のサヤ取りが上手くいかない理由

  7. 元証券会社員が語る相手の金融資産を把握する営業方法

  8. FX戦士くるみちゃん(投資の恐怖が味わえるマンガ)

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP