煽り運転をされない対策は、録画シール

株式会社サヤトレの増田です。

本日「リスクヘッジ」をテーマにお届けします。

私は、日頃の生活において出来るだけ危険な状況(リスク)に自分が遭遇しないよう意識しています。

投資もビジネスにおけるリスクは、リターン(利益)がありますが日常生活に潜むリスクは、基本損失です。

最近ニュースでもよく取り上げられる煽り運転を事例として、煽り運転を回避(リスクヘッジ)する方法を考えてみましょう。

あなたが車を運転する方の場合煽り運転というリスクに合わないためにぜひ一度考えてみてください。

煽り運転に合わないためには、煽り運転をする側の心理を考えると良いかもしれません。

自分以外の人や大衆の心理を考える事は、投資でもきっと役に立つと思います。

煽り運転に合わないために出来る事としては、色々あります。

■道を相手に譲る

■車間距離を空ける

■ドライブレコーダーをつける

■ピカピカの高級車に乗る

などなど言い出せばキリがありません。

しかしそんな中で煽り運転の被害対策で私が最も効果があると予想するのは、こちらの商品です。

https://amzn.to/32Zg5LL

煽り運転に合わないために一番効果的なのは、あなたの煽り運転を録画していますシールです。

ドライブレコーダーは、煽り運転の被害にあった際の証拠に役立ちます。

しかし一番いいのは、そもそも煽り運転という被害に合わない事です。

私の車を煽ったら、あなた捕まりますよ!

相手に分からせてあげるのが一番効果的ではないでしょうか?

実際ドライブレコーダーを搭載していない車であってもこのシールを貼ってはいけないルールはありません。

ドライブレコーダーを買うよりも数百円でこのシールを買った方があなたや家族の命を守る確率を高める事が出来る事でしょう。

このシール一枚で煽られる確率は、かなり下がると思います。

■ドライブレコーダーシール一覧
https://amzn.to/2qWTvFp

私は、車を運転しませんが本日、実家の両親用に買って送りました。

【参考記事】

日常生活の中にも様々なリスクがあります。

あなたが投資家で資産運用にてリスクを取っている場合、日常生活では、少しでもリスクを排除した方がいいでしょう。

ぜひとも日常生活のリスクヘッジを考えてみてください。


メールアドレス

関連記事

  1. お金の相談が出来る職業の特徴(投資助言会社編)

  2. 収入が低い理由を考える(資本主義社会のルール)

  3. 個人投資家向け「税金」レポート(2019年度版)

  4. eスポーツは、稼げる職業

  5. 投資ビジネスの利益配分

  6. 日本でお金の話はタブー

  7. 実体経済と金融経済どちらが重要?

  8. ZOZOの社長に学ぶ最速で大金持ちになる方法(合法)

  9. 投資でお金持ちになれるのか?

サヤトレ会員のサヤ取りブログ

人気記事

おすすめ記事

代表・増田の出版投資書籍

最近の記事

PAGE TOP