ビットコインの半減期と価格推移

株式会社サヤトレの増田です。

本日は「暗号資産」をテーマにお届けします。

2020年5月からビットコインを代表とする暗号資産の法律(改正資金決済法)が施行されました。

ビットコインのような電子的な金融資産を海外では「暗号通貨」と総称で呼ばれていますが日本では「仮想通貨」と総称で呼ばれていました。

今後、日本国内のニュースやメディアなどで「仮想通貨」という言葉は、使われずに「暗号資産」と正式な名称が使われます。

暗号資産は、株式市場同様、相場操縦行為や風説の流布が明確に規制される方針が示されました。

日本においてビットコインは、株式と同じ金融商品として少し地位を高めた事になります。

「仮想通貨」は怪しいけど「暗号資産」なら怪しくない。

私は、そう考える人は、結構沢山いると感じます。

名称や呼び方は、とても重要です。

これからも少しずつ金融商品として位置づけされて大手企業が芸能人を使ってテレビCMの流す事で、少しずつイメージや認識は変わっていくと予想しています。

そんな暗号資産ですが、本日ビットコインが半減期という大きなイベントを迎えました。

ビットコインの仕組みは、ブロックチェーンという技術が使われています。

ブロックチェーンを管理しているのは、マイニングをしている人達(通称マイナー)です。

マイニングをする事によってブロックチェーンが維持されて、マイナーには、その報酬として新しく発行されたビットコインを受け取る事が出来ます。

半減期とは、マイナーが受け取れる新規発行のビットコイン報酬が半分になる事を言います。

つまりマイナー達は、マイニングをしてもこれまでよりも儲かり辛くなるイメージです。

この半減期のスケジュールは、ビットコインが時間の経過と共に手に入りにくくするために予めプログラムされた通りに実行されています。

これまでビットコインの歴史におい過去2回ビットコインのマイニング報酬は、半減しました。

本日で3回目の半減期です。

新しく発行されるビットコインの数が少なくなれば、市場に出回る数量も減りビットコインの奪い合いとなるかもしれません。

過去の傾向を見ると半減期以降は、ビットコインの価値が上がりやすい。

そういった傾向があります。

3回目の半減期を迎えた2020年5月12日

1ビットコインの価格は、93万円です。

半減期を終えた本日から年末にかけてビットコインの価格は上がるのでしょうか?

私は、暗号資産は、新しい金融商品として以前から注目しています。

【参考記事】

現状、価格変動が激しいので投資対象の特徴としては、超リスク資産です。

投資は、リスクがあるのでリターンがあります。

リスクが取れる資金の範囲内で新しい金融商品の登場に興味を持ってみてはいかがでしょうか?

暗号資産に関する情報発信は、下記の個人投資家オンラインコミュニティーでも行っております。

コミュニティーの名称も決定して盛り上がっています。

■個人投資家オンラインコミュニティーへの招待(無料)
http://sayatrade.co.jp/slack.html

■個人投資家オンラインコミュニティーの加入方法解説
http://sayatore.com/blog/2020/03/11/10867

関連記事

  1. ヤフーとLINEの経営統合は、相性良し

  2. 優秀な先生に教えてもらうメリット

  3. 株価と実体経済って関係あるの?

  4. サヤトレロングショートの利益、最高値更新なるか

  5. 株取引時間が午後3時半まで延長

  6. 自動売買で最も重要なのは売買ルール(ロジック)

  7. 為替レートの計算方法

  8. お金の心配が無くなるタイミング

代表・増田の出版投資書籍

人気記事

おすすめ記事

株式会社サヤトレのWEBサービス

 
 
 
PAGE TOP